リキッドネットワーク拡大、BitMEXとBitfinex間のアービトラージも超簡単に!?

新たな14社をメンバーに加えたBlockstream社が開発を手掛ける「リキッドネットワーク」を、ビットフィネック取引所が実装したことが明らかになった

 
 
ットコインのインフラ構築が快調に進んでいるようだ。

ネットワーク参加者間の素早く匿名なBTC取引を実現したことで注目されている、リキッドネットワーク。

新しい時代の始まりだ」とBlockstream社CSOであるモウ氏がコメントするなど、将来性が見込まれている数少ないブロックチェーン製品の一つと言われている。

既に仮想通貨取引所、トレーディングデスク、金融機関を含める35機関がネットワークに参加しており、今回はDMM BitcoinやHuobiを始めとする取引所を含む14社を新たなメンバーとして迎えたようだ。

アービトラージにも期待高!リキッドネットワークの拡大

リキッドネットワークは、世界中の仮想通貨取引所と様々な機関を繋ぐ決済ネットワークで、高速で匿名性の高いビットコイン取引を参加者の間で可能にする。

また、BTCの第二層技術であるライトニングネットワークがマイクロペイメント専用に構築されている一方、リキッドネットワークはそれを補完するように「高価値」の移転に焦点を当てているという。

出典:https://blockstream.com/liquid/

BTC開発を手掛けるBlockstream社のCEOアダム・バック氏によると、既にビットフィネック取引所で開始されているリキッドネットワークを使用した「L-BTC」の入出金の決済時間はおよそ2〜3分だそうだ。

(L-BTCは、ビットコインと1:1で価値が裏打ちされたものであり、リキッドネットワーク内のみで使用される。)

これは、取引が承認されるのを確認するために平均30分ほど必要なビットコインのオンチェーンの取引と比較すると、大幅な改善と言えるだろう。

現時点では、リキッドネットワークを通じた取引は少数の取引プラットフォーム間に限られているが、BitMEXやHuobiのような大手取引所がネットワークに参加したことにより、ビットコインのアービトラージに変化が生まれると予想されている。

ビットフィネック取引所は、同技術の利点について以下のように説明した。

トレーダーは、価格の差から恩恵を受けるために、取引所間でビットコインとUSDTを迅速に循環できる。そのため、主要な取引ペアの取引所間のスプレッドが減少する。

また、前述にあった「テザー(USDT)」や「ステイブリ― (USDS)」などのステーブルコインもリキッドネットワーク上で発行されるようだ。

リキッドやライトニングネットワークのようなインフラ構築が進捗することにより、まだまだ市場規模の小さいビットコインがより頻繁にトレードされるようになるかもしれない。

 
 


PickUpストーリー
 
 
☞Bitcoin.com代表取締役が語る「鉛筆から学んだ衝撃的な発見について」

☞OWL Hong Kong独占インタビュー~海外移住という節税方法とは?~

☞過去9年間で200,000,000%上昇、BTCは史上最速で成長している新資産クラスか

☞DataLightマーケット調査:BTCは今後10年間でクレジットカード大手を凌駕する

Blockstream創設者が語る「デジタルゴールドが生まれたきっかけについて」


当記事に記載されている情報は、投資判断における十分な情報を提供することを意図しておらず、また提供するものでもありません。仮想通貨分野における投資には、様々なリスクが伴います。当サイトは、本稿の内容を活用または信用したことにより生じた損害や損失に対しても、一切責任を負いません。同様に、本ページの内容を活用または信用したことよって間接的に生じた、あるいは生じたと申立てされる損害や損失に対しても、責任を負わないものとします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  

   

関連記事