Facebookコイン、数年で「190億ドル」を生み出す見込みあり!?

悪評が絶えないテクジャイアントが大きな転機を迎えるかもしれない。

世界最大級のソーシャルメディアを展開する、Facebook社。

最近では、ステーブルコイン開発を同社が手掛けていることが主流メディアによって報じられ、当業界内外で大きな話題となっている。

そんな中、Barclays社アナリストのロス・サンドラー氏が、「Facebookコイン」は2021年までに190億ドルもの追加収入を生み出す可能性がある、と報告した。

株主もハッピー!?広告以外の「新しい収益源」か

インターネット分野専門アナリストであるサンドラー氏によると、Facebook社は自社開発している「Facebookコイン」を通じて、数十億ドル規模の収益機会を得られるという。

具体的には、2021年までに190億ドル程の追加収益、控えめな計算でも30億ドル、を見込めるそうだ。

同社が広告以外の収益源を見つけたのは、ユーザー情報を元にする現ビジネスモデルが非難されている同社にとって朗報と言えるだろう。

それというのも、英政治コンサルティング会社Cambridge Analyticaが許可なく5000万人以上のFacebookユーザーの情報を収集するなどの大きな問題があった。

「特にユーザーのプライバシーを悪用しない広告以外の収入源を確立しようとする試みは、Facebook株主から好評を博すだろう。」

2度目の正直、Facebookが独自決済オプション追加へ

Facebook社がプラットフォーム上に決済オプションを追加しようとするのは、今回が初めてではない。

2010年に「Facebookクレジット」と呼ばれる通貨をローンチしたことがあり、ユーザーはそれをデビット/クレジットカードで購入し、アプリ内のサービスを使用するために利用できた。

出典:Unauthorized Facebook Credit Transactions reported in Hong Kong

しかし、取引額が少ない取引が多かったため、インターチェンジ・フィーの負担が増加し、結果的に同社の収益性に悪影響を及ぼしたそうだ。

(インターチェンジ・フィーとは、顧客が店舗から商品やサービス購入するためにクレジット/デビットカードを使用するたびに、その店舗の銀行口座が支払わなければならない取引手数料のこと。)

サンドラー氏によると、同社の仮想通貨関連の取り組みは「その事業戦略を再活性化する」可能性があるという。

しかし、プロジェクト規模は過去のものよりも大きく、例えば責任者には前ペイパル社長デイビット・マーカス氏が任命されていたり、最近では新興企業Chainspaceから一群の従業員が雇われている。

また、ステーブルコインが成功すれば、Facebookは「消費者向け貸付、国際送金、現物決済に手を出さない理由はない」と同氏は付け加えた。

クリプト普及の進捗が好ましいとは言い難い中、フェイスブックのステーブルコインは大衆に仮想通貨を認知させるいいきっかけとなるかもしれない。

原典:Facebook’s cryptocurrency could be a $19 billion revenue opportunity, Barclays says

ここまでの内容と考察

Facebook社がステーブルコインプロジェクトで190億ドルの追加収益を見込めるとBarclays社アナリストが報告したという、今回のニュース。

世界中のメディアが現在でも同社の「顧客データ」を巡る問題を取り上げている中、仮想通貨プロジェクトが新たな収入源として注目されているようですね。

ちなみにですが、Facebook社のCEOであるマーク・ザッカーバーグ氏が、以下の記事で「分散化」について独自の見解を明かしています。

出典:Zittrain and Zuckerberg discuss encryption, ‘information fiduciaries’ and targeted advertisements

☞課題多し!?フェイスブックCEOが語る「分散型システムの代償」

果たして同社のステーブルコインは多くのユーザーが実際に使用するような決済手段となるのでしょうか。

他のテクジャイアントも仮想通貨関連のプロジェクトを開始するかもしれませんね!

今後も大企業が発行するコインや、それとは対照的なBTCを始めとする分散型通貨の普及に注目していきましょう!

▼Pickupニュース▼

カルダノ発案者・IOHK代表取締役が語る「新時代のガバナンスとカルダノの今後」

TONGBLOC代表取締役が語る「サトシナカモノの思想を継ぐ個人データ革命について」

Holochain代表が語る「世界中の人々が呼応する近未来のエコシステムについて」Part 2

Aion創設者が語る「仮想通貨業界を変えうる投資家が持つ力」

GLOBIANCE取引所創設者が語る 「近未来を見据えたマルタ仮想通貨規制について」

Optherium創設者が語る「銀行がポケットに入る次世代について」

eMusicのCEOが語る「ブロックチェーンが実現する音楽業界の近未来」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  

   

関連記事