いずれ中央銀行がビットコインの貯蓄を始める!?経済学者が語る

賛否両論はあるものの、金(ゴールド)を代替するような価値の保存手段(所謂「デジタルゴールド」)としてのユースケースが最も注目されている、ビットコイン。

最近ではそれが金融機関から新たな資産として認識され始めている。

そんな中、中央銀行がBTCの貯蓄を将来的に行う可能性について、Blockchain.comの研究責任兼ロンドンスクールオブエコノミクス研究員であるガリック・ハイルマン氏がコメントした。

中央銀行が自分の首を絞め始めるようになる!?

「昨今のビットコインの主な使い道は、デジタルゴールドだ。だが、誰がそれを購入するのだろうか。中央銀行がビットコインを蓄積し始めたら、BTC価格に大きな影響を与えるだろう。」

このようにAltFiのポッドキャストで発言したのはロンドンスクールオブエコノミクス研究員である、ハイルマン氏。

金利を設定したり、新たな紙幣を発行することで各国の経済を監督する中央銀行がビットコインや他の仮想通貨の貯蓄を始める可能性があるという。

また、最近の規制の動向はBTC市場にとって「好調である」という同氏は以下のように続けた。

「規制が強化されるとBTC価格が好調に反応することが多くなる。(規制は)ビットコインを正当化する…多くの規制当局はビットコインやその他の仮想通貨を禁止しようとしていない。ビットコイン初期には、それが違法と見なされることへの恐れがあった。」

さらに同氏は、CMEのビットコイン先物取引や法執行機関が押収したビットコインをオークションをしていることについて言及した。

「法執行機関は、通常押収したコカインなどのものを競売にかけない…ビットコインがこれからも残るという認識が高まっている。」

中央銀行が仮想通貨をポートフォリオに加え始める可能性を示唆するのは、同氏に限らない。

カリブ海に位置するバルバドスの中央銀行は、ビットコインを保有することで期待できる「ハイリターン」の可能性や価格変動の懸念から、「仮に仮想通貨をポートフォリオに追加するなら、少ない割合にするべき」という調査結果を報告している。

出典:SHOULD CRYPTOCURRENCIES BE INCLUDED IN THE PORTFOLIO OF INTERNATIONAL RESERVES HELD BY THE CENTRAL BANK OF BARBADOS?

「大きな価格変動があるため、現時点で中央銀行はデジタル通貨へ過剰に投資することへ注意を払う必要がある。しかし、特に仮想通貨が一般的になったり、多くの取引にそれが使用されるようになるにつれ、小さな割合で仮想通貨をポートフォリオへ追加しても比較的と大きなリターンが得られる可能性がある。」

一方、中央銀行がビットコインを購入するのは「空想的だ」と批判するビットコイン賛成派経済学者もいるようだ。

オーストリア学派経済学者サイフィーディーン・アモウス氏は、Bitcoinistのインタビューで中央銀行がBTCへ手を出さない理由について以下のように述べている。

「中央銀行の仕事に就くために必要なマインドセットは、ビットコインが機能または成功する可能性を理解することを完全に妨げる…中央銀行で働いている人たちは、政府が通貨供給量を管理する必要があるという馬鹿げた考えを信じている。そうでなければ、別の業種を選んでいるだろう。」

また、インフレーションを基本とする金融政策を行う中央銀行がビットコインのような「ハードマネー」に触れることは「空想的だ」と付け加えた。

新たな資産クラスとして多くの金融機関からの注目を浴びているBTCだが、それが普及することによって中央銀行のあり方も少しずつ変わっていくのかもしれない。

原典:The Next Bitcoin Price Rally Could Be Sparked By A Surprising Source

ここまでの内容と考察

将来的に中央銀行がビットコインの貯蓄を開始する可能性を示唆したという、今回のニュース。

中央銀行のほとんどはこれまでビットコインに悲観的でしたが、今後どのようになるかが楽しみですね。

ちなみにですが、前述にあった経済学者のアモウス氏は、資産としてのビットコインについて以下のように述べていました。

「ビットコインは”新動物”でこれまでの資産とは異なる。バブル、通貨、株価を分析するための既存ツールでは判断できない。」

☞過去9年間で200,000,000%上昇、BTCは史上最速で成長している新資産クラスか

独自の金融方針、分散型のガバナンス、また他の資産とは大きく異なるセキュリティ対策を持つビットコインは、やはり経済学者の目からも曲者なのかもしれませんね。

今後もビットコインの普及や著名人の発言に注目していきましょう!

▼Pickupニュース▼

NewEconomies創設者が語る「ブロックチェーン企業が必要なコミュニケーションついて」

TONGBLOC代表取締役が語る「サトシナカモノの思想を継ぐ個人データ革命について」

Bitcoin.com代表取締役が語る「鉛筆から学んだ衝撃的な発見について」

Holochain代表が語る「世界中の人々が呼応する近未来のエコシステムについて」Part 2

Aion創設者が語る「仮想通貨業界を変えうる投資家が持つ力」

GLOBIANCE取引所創設者が語る 「近未来を見据えたマルタ仮想通貨規制について」

Optherium創設者が語る「銀行がポケットに入る次世代について」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  

   

関連記事