TONGBLOCが開発を手掛ける「DTOP」がBit-M取引所で取引開始!

TONGBLOCが開発を手掛けるDTOPプラットフォームで使用される「DTOPトークン」が、東南アジアを拠点とするBit-M取引所へ上場する。

その内容は以下の通り。

DTOPがBit-M取引所で取引スタート!

東南アジアを拠点とするBit-M取引所が、「DTOP / BTC」取引ペアの取引を開始する。

出典:Bit-M公式ページ

デポジット開始時間:2019.04.18 15:00(GMT + 8)

取引開始時間:2019.04.19 15:00(GMT + 8)

出金開始時間:2019.04.22 15:00(GMT + 8)

TONGBLOCについて

DTOPプロジェクトは、分散データ取引市場の開発と「価値の共創」を目指すブロックチェーンプラットフォームを構築することで新しいビジネスモデルの確立を目指している。

DTOP公式ページ

DTOPプロジェクのフェーズ1は、情報取引オンデマンドプラットフォームのエコシステム開発だ。

その後、エコシステム参加者と企業の間で一緒に価値を創造する新たなビジネスモデルを確立。

この段階では、DTOPエコシステムに参加する一般ユーザーが、新製品やサービスを提供する企業に対して消費者として受動的な役割を果たすだけではなく、製造プロセスに参加することで管理における新たなリーダーとなれる。

TONGBLOCはKCX取引所及びオープン・ブロックチェーン・コンソーシアムの代表取締役であるジンギル・リーがCEOを務める。

☞リー氏のインタビューはこちらから!

原典:Bit-M Adds DTOP/BTC Trading Pair

本記事はプレスリリースです。仮想通貨ニュース.comは、本ページにおけるいかなる内容を支持するものではないとし、またそれについて一切責任を負わないものとします。また、本稿の内容を活用または信用したことにより生じた損害や損失に対しても、一切責任を負いません。同様に、本ページの内容を活用または信用したことよって間接的に生じた、あるいは生じたと申立てされる損害や損失に対しても、責任を負わないものとします。
▼Pickupニュース▼

Blockstream創設者が語る「デジタルゴールドが生まれたきっかけについて」

NewEconomies創設者が語る「ブロックチェーン企業が必要なコミュニケーションついて」


シリコンバレーを拠点とするDIRT Protocol 創設者が語る「ベンチャー精神と分散型アプリのこれからについて」

TONGBLOC代表取締役が語る「サトシナカモノの思想を継ぐ個人データ革命について」

Bitcoin.com代表取締役が語る「鉛筆から学んだ衝撃的な発見について」

Holochain代表が語る「世界中の人々が呼応する近未来のエコシステムについて」Part 2

GLOBIANCE取引所創設者が語る 「近未来を見据えたマルタ仮想通貨規制について」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  

   

関連記事