大手投資会社CIO、次の大波で市場が「1000%」拡大する

大波が迫っていると言われつつも、なかなか市場の転換点が見えない本日のビットコイン市場。

直近では、金融大手フィデリティや米証券取引所に上場しているICEが後ろ盾するバクト取引所の2社による業界参入が話題となったが、市場への影響は「ゼロ」だった。

そんな中、業界最大の投資会社パテナ・キャピタルのCIO、Joey Krug(ジョーイ・クルッグ)氏が、次の強気市場で仮想通貨全体の時価総額が2兆ドル(約220兆円)以上に達する、というエネルギッシュな発言をした。

これから仮想通貨市場が1000%拡大する!?

「次の強気市場を考えると、市場が10倍程拡大するだろう」

このようなポジティブな予想をするのは、パンテラCIOであるクルッグ氏。

大手金融企業の業界参入にも関わらず市場が活性化しない今日は、実用的・具体的な仮想通貨の普及に焦点を当てるべきだという。

これを実現するには、「拡張性の問題」をブロックチェーンでも解決することが必要不可欠だそうだ。

最近では、ビットコインの拡張性問題の解決策として「ライトニング・ネットワーク」や「リキッド・ネットワーク」が話題となっているが、これらの技術はまだ完全に準備が整っているわけではない。

それでも、現在のクレジットカード会社が誇るくらいの取引処理能力を達成するブロックチェーンが数年以内に誕生する、と同氏は前向きだ。

また、その間ずっと弱気市場が「長続きするわけでもない」、と語った。

大企業が独自のブロックチェーンを展開するケースが増加傾向にある中、多くの問題を抱えるパブリックブロックチェーンは大衆が使えるような分散型プラットフォームにまで成長できるのだろうか。

原典:Next Bitcoin Bull Run Will See Crypto Market Rise ‘10x’: Pantera CIO

ここまでの内容と考察

業界最大の投資会社Pantera Capital(パテナ・キャピタル)のチーフ・インベストメント・オフィサーが、仮想通貨全体の時価総額が2兆ドル以上に達すると予測したという、今回のニュース。

仮想通貨関連の報道によって、市場の動きが左右されなくなったということは、同市場が「成熟」しつつあることを示しているのかもしれませんね。

ちなみにですが、弱気市場での取り組みとして、以前イーサリアム共同創設者であるVitalik Buterin (ビタリック・ブテリン)氏は、仮想通貨市場で何かが「1000倍」になるなんてことはありえないとした上で、ユーザーフレンドリーのアプリ開発の重要性について説いています。

また、ビットコイン奨励家として知られるShapeShift(シェイプシフト)社CEOであるErik Voorhees(エリック・ボヒーズ)氏は、弱気市場でインフラを整えることの重要性について以前発言していました。

市場を活気づける機関投資家の流入は、ビットコインを始めとする仮想通貨の注目度を上げることに関しては重要かもしれませんが、やはりテクノロジーの開発はマスト。

技術がなければ、全てがアイデアだけで終わってしまいます。

フェイスブックやツイッターのような世界中で多くの人が利用するパブリックブロックチェーンを基盤とする分散型アプリの登場はいつになるでしょうか。

実現可能なのでしょうか、本当に。

今後も仮想通貨業界の「技術革新」に期待していきたいですね!

 



毎日配信!仮想通貨に関する優良情報をメールでお届け!!

仮想通貨ニュース.com編集部が、ニュースの一歩先を行く独自情報を毎日配信!

将来性の高い仮想通貨やトークン価格上昇の仕組みなど内容は様々。

特に億り人を目指す仮想通貨投資家やブロックチェーン技術をもっと詳しく知りたい方におすすめです。

下のフォームから無料登録することができます!

ニックネーム  *
メールアドレス  *
お名前  *
メールアドレス  *


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  

   

関連記事