BTC価格は3000ドルを割る!?ポンプリア―ノ氏「BTCにロング、銀行員をショート」

今週一時的に4000ドルを上回ったものの、テクニカル分析上の「市場転換」が確認できるまでにはまだまだ時間がかかると見られる、ビットコイン市場。

年末にBTC価格が高騰すると発言していたアナリストが黙り込んでいる一方、最近では「底値」に関する予想が注目を集めている。

☞元AQRブラウン氏、クリプトは生き残るが市場回復までには「数年かかる」

そんな中、BTC価格は3000ドルを下回る可能性があることをMorgan Creek Digital Assets創設者アンソニー・ポンプリア―ノ氏が示唆した。

出典:Bitcoin is a non-correlated asset, crypto expert saysからのスクリーンショット

ビットコインにはロング!しかし、3000ドルを下回る可能性も

「クリプト業界では、 “ビットコインにロングし、銀行員をショートする” という言葉がある。 数学やコードが基盤となっているビットコインは透明性が高い一方、伝統的な金融市場の透明性が低く、悪意ある活動が行われていることもある。」

上述のようにCNBCのインタビューで発言したのは、短期的なBTC価格の底値は3000ドルと以前発言した、ポンプリア―ノ氏。

しかし、同氏はその予想を下方修正し、「短期的にはもっと安くなる」とBTC価格が3000ドルを割る可能性を示唆した。

また、急落が確認されている伝統的な株式またはFAANG(フェイスブック、アップル、アマゾン、ネットフリックス、グーグル)とBTC市場が「相関関係にあるか」というインタビュアーからの質問に対し、「それはない」と同氏はきっぱりと否定。

S&P500とドル指数はそれぞれ「ゼロ」と「ほぼゼロ」でビットコインと相関していることについて指摘した。

しかし、株式市場で見られているテクノロジー株式の急落は、仮想通貨市場における投資家心理に影響する可能性があるとした。

低迷する米株式市場、投資家はショック状態!?

直近では上昇が確認されているものの、2017年10月中旬以来の水準にまで落ち込んでいるNYダウ平均株価に対し、投資家は警戒心を高めている。

スカイブリッジ・キャピタルのシニアポートフォリオマネージャーであるRobert Duggan(ロバート・ドゥガン)氏は、現在の「投資家心理」について以下のように述べた。

「ファンドマネージャーがこのようなショックを受けて、混乱しているのを非常に長い間見たことがない。 この2週間で人々はイグジットに向かってポジションを売っている。」

米中間の貿易戦争や米連邦準備制度理事会が来年に2回の利上げを行う見通しを示したことが市場へのネガティブ要因と挙げられている中、相場へ更なる下方圧力を加えるように最近では米国=メキシコ国境に壁を建設するための資金確保を巡り与野党が対立。

これがきっかけで一部が閉鎖している米国政府機関は、株式市場の低迷をますます悪化させる可能性が高い。

このような米国市場の現状について、オックスフォード・エコノミクスの米金融市場経済学者であるキャシー・ボストジャンチック氏は以下のように述べた。

「企業が自信を失い始めることが心配。これが始まると、雇用や投資に消極的になる。株式市場の消極性は、(より広範な)経済の消極性へと繋がる。」

代表的な米株価指数であるS&Pも2008年以来の大幅な年間下落率を記録すると見られている中、株式市場と相関性のないとされるBTCの今後のパフォーマンスに注目が集まる。

原典:
Bitcoin is a non-correlated asset, crypto expert says

Don’t Get Excited: Dow Jones Expected to Continue its Decline After Big Rally

ここまでの内容と考察

BTC価格が3000ドルを下回る可能性をモルガンクリークキャピタルのポンプリア―ノ氏が示唆したという、今回のニュース。

ビットコインのファンダメンタルズに強気なことで有名な同氏ですが、短期的なBTCの値動きは冷静に見ているようですね。

最近では、市場が回復するまでには数年かかるという見解も出されている中、機関投資家の市場参入も期待されているなど直近の市場の動きに関しては様々な見解が出されていますね。

ちなみにですが、同氏はツイッター上で以下のように(ユーモアを含めた)発言していました。

「株式の動きが、意味のないパートナーシップを発表したアルトコインに似てきた。」

テクノロジー株を中心に株式市場で大きな下落が見られている中、来年のクリプト市場はどのような動きを見せるのでしょうか。

今年も後わずかとなりましたが、来年も予測不可能な動きが多い仮想通貨市場に注目していきたいましょう!

▼Pickupニュース▼

BTCに将来性はあるか、下落を予期したノーベル賞受賞経済学者による批判

ゴールドマンサックス、金融大手は仮想通貨サービス展開に「難航中」か

クリプト市場は成長中!期待の2019年はベイビーから「幼児」へ

BTC取引で日本円が米ドルを上回る、韓国「キムチ・プレミアム」は完全に終了か

ゴールドマンサックス、金融大手は仮想通貨サービス展開に「難航中」か

ビットメイン社、ついにマイニング大手も従業員50%解雇か

元AQRブラウン氏、クリプトは生き残るが市場回復までには「数年かかる」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  

   

関連記事