Weiss社の2019年予想、BTC価格は「最高値更新」する!?

蓋を開けてみると「辛抱の年」だった2018年の仮想通貨市場だか、今年は一体どのようなことが期待できるのだろうか。

クリプト格付け企業Weiss(バイス)社によると、今年はビットコインが「価値の保存」手段としてより広く認可されるようになるだけでなく、BTC価格が最高値を更新するという。

クリプト市場2019年に関する「7つの予想」

開発面では進歩が見られたものの、2018年のクリプト市場はコイン価格の観点からは「悲惨だった」と振り返るWeiss社。

そんな同社が、今年度の仮想通貨市場動きに関する7つの予想を発表した。

予想1: 「ビットコインが「価値の保存」手段として認可されるようになる。」

ビットコインは保管するためのコストが掛からず、政府により没収される心配がない。

このような特徴を持つ資産は唯一無二であるため、他資産が価値の保存手段としてビットコインと「競合できない」とWeiss社は主張し、同仮想通貨が真の「デジタルゴールド」になりつつあるとした。

予想 2:「BTC価格が再上昇し、最高値を更新する。」

過去に4回ほど大きな下落が市場で確認されているものの、その直後に確認されたすべての強気市場においてBTC価格は最高値を更新した、という過去のデータがある。

また、弱気市場を見かねた一般投資家は2018年に市場から離脱した一方、機関投資家やテクノロジー信者はビットコインを買い増していたと報告されている。

これらを踏まえた上で、Weiss社は「新たな強気市場の基礎」が築かれているとして、BTC価格上昇が2019年に期待できるとした。

予想 3:「一部の有名ではないアルトコイン価格が過去の最高値から20倍以上上昇する。」

認知度や流動性が低いアルトコインだが、それが「実用化されていく過程」で優れた技術を持つ一部のものは実社会から注目されるようになるという。

一般大衆からの認知度が向上することで、「過去の最高値から20倍以上上昇する」可能性があるそうだ。

予想 4:「一部のプロジェクトが、新しいインターネット構築に向けて競合する。」

EOS、Cardano、Holochainなどのプロジェクトが、より安全で持続可能な「インターネット3.0」を構築している中、それらと競合するプロジェクトが増加するという。

 

また、多くのプロジェクトが失敗することが予想される一方、実際に成功するプロジェクトが発行する仮想通貨の時価総額は何兆ドルという規模まで膨張する可能性が高い、とWeiss社は見ているようだ。

予想 5:「一部の仮想通貨が、銀行業界を変革する。」

Weiss社によると、リップル社が開発を進めているXRPやステラ財団が手掛けるXLMが、国際送金や電信送金において金融市場を変革する可能性が高いそうだ。

特に、世界的な決済ネットワークである「SWIFT(スウィフト)」を代替することを目指すXRPは市場シェアの一部を奪うだけでも、仮想通貨時価総額No.1になり得るという。

予想 6:「ビットコインに類似する仮想通貨は消える。」

バリュープロポジション(提供価値)を明示できないアルトコインは「消える」とWeiss社は見ているようだ。

具体的には、ビットコインキャッシュ、ビットコインSV、ライトコインなどの主要通貨の名を挙げた。

予想 7:「新しいコインが時価総額トップ10にランクインする。」

Holochain (ホロチェーン)やHedera Hashgraph (ヘデラ・ハッシュグラフ)などが、時価総額トップ10にランクインする可能性があるという。

それというのも、 これらのプロジェクトは、信頼できる新しいインターネット層になるポテンシャルがあり、競合企業よりも急速に価値が上がる可能性が高い。

機関投資家が本格的に市場へ参入すると言われている今年は、Weiss社が予想するように過去の強き市場を上回るような急騰は不可能ではないかもしれない。

原典:Our Crypto Forecasts for 2019 and Beyond

ここまでの内容と考察

Weiss社が、クリプト市場2019年に関する予想をしたという、今回のニュース。

一部のアルトコイン価格は、本当に昨年の最高値から20倍以上高騰するでしょうか。

これが実現すると、2017年の強気市場とは比べられない程のハイリターンとなりますね。

また、前述にもあったように、実際に実用化されるプラットフォームがどれになるかには特に注目ですね。

ちなみにですが、本日はビットコインの「ジェネシスブロック(最初のブロック)」が生成されてからちょうど10年という記念日。

この短いようで長い「10年」という年月について、以前元JPモルガン・チェースの執行役員アレックス・グレビッチ氏は以下のように発言していました。

「懸念はあるものの、時間はビットコインにとって都合のいいものであり、逆らうことにはならない。BTCが存在する毎日がそれをデジタルゴールドとしての恒久的な地位へと近づける。」

現物がないビットコインを価値の手段として大衆が認識するにはまだ時間がかかるかもしれませんが、まずは金融機関の取り組みに注目したいですね!

今年もビットコイン市場の動向を追っていきましょう!

▼Pickupニュース▼

カルダノ発案者・IOHK代表取締役が語る「新時代のガバナンスとカルダノの今後」

Bull Bitcoin代表取締役、「人々」がビットコインに価値を与える

DX.Exchange、グーグルやアマゾンなどの米株式トークンを購入できる!?

MITテクノロジーレビュー、2019年はブロックチェーン技術が「日常化」する

2019年から強気市場が始まる!?ブロック報酬の半減が重要な「鍵」か

米コインベースCOO、機関投資家にとって来年は「いい年」になる

ステーブルコイン開発にFacebookが乗り出す!インド国際送金市場をターゲットか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  

   

関連記事