「分散化」が命、バイナンス投資部門が新スタートアップに出資決定

「分散化」が命、バイナンス投資部門が新たなスタートアップに出資決定

大手仮想通貨取引所Binance(バイナンス)が業界繁栄のために一肌脱ぐ。

同取引所の投資部門バイナンスラボが、コンテンツ配信プロジェクト「Contentos(コンテントス)」への投資を発表した。

具体的な出資額は明らかになっていないが、数百万ドル(数億円)規模だとされている。

「分散化」が命、仮想通貨業界をより活性化

ブロックチェーンプロジェクトへの出資や、仮想通貨起業家への精神面・技術面でのアドバイスまで行う、バイナンスラボ。

いわゆる「社会的インパクト投資」を行うことで、仮想通貨業界を活性化することに大きく貢献する。

そんな同ファンドが出資案件に選んだコンテントスは、「コンテンツ制作者」にとって透明性の高い収益モデルを可能にし、第三者からの不当な検閲から守る分散型エコシステムを目指す。

今回の発表に対して、バイナンスラボ代表Ella Zhang(エラ・ジャン)氏は、

「ブロックチェーン技術が社会システムに組み込まれるためには、利便性の高いユースケースの確立に重点を置くことが必要。コンテントスは、ブロックチェーン技術の潜在能力を遺憾なく発揮できる」

と期待のコメントを寄せた。

同氏は、今年6月にも、ビットコインやブロックチェーン技術の核にあるのは「分散化」であるという趣旨の発言をしている。

また、「ICOバブル」が弾けたことは望ましいことだったと述べており、市場が沈静化して初めて本当に価値のあるプロダクトが生まれるとの考えも示していた。

ブロックチェーンスタートアップが今年に入ってから資金調達に苦しむ中、バイナンスラボによる出資は仮想通貨市場のいい活気付けとなるかもしれない。

原典:Contentos Announces Investment From Binance Labs, Fund Created By One of the Largest Cryptocurrency Exchanges in the World

ここまでの内容と考察

バイナンスラボが、ブロックチェーンスタートアップである「コンテントス」への投資を発表したという、今回のニュース。

ちなみにですが、数多くのベンチャーキャピタルやパートナーを集めている同プロジェクトの製品は、後一か月でリリースされるとのこと。

コンテンツ提供者がより公平な収益モデルをブロックチェーン技術で実現させようとしています。

また、バイナンスラボはアグレッシブに新興企業への投資をしていく方針を明らかにしており、今後も意欲的に仮想通貨業界の活性化に努めるとのこと。

仮想通貨企業を代表するような取引所となるまで成長したバイナンスですが、また日本に戻ってきてくれないでしょうかね。

今後もバイナンスの活躍に期待したいですね。

 



毎日配信!仮想通貨に関する優良情報をメールでお届け!!

仮想通貨ニュース.com編集部が、ニュースの一歩先を行く独自情報を毎日配信!

将来性の高い仮想通貨やトークン価格上昇の仕組みなど内容は様々。

特に億り人を目指す仮想通貨投資家やブロックチェーン技術をもっと詳しく知りたい方におすすめです。

下のフォームから無料登録することができます!

ニックネーム  *
メールアドレス  *
お名前  *
メールアドレス  *


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  

   

関連記事