カテゴリー:仮想通貨の最新ニュース

  • ブロックチェーン技術を採用する米国初のミュージックサービス「eMusic」

         
    ブロックチェーン技術を取り入れた米発の音楽サービス「eMusic」。
    ブロックチェーンを採用した音楽配信プラットフォームで、業界の「壊れたサプライチェーン」を改善する注目プロジェクトです。
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 再度の挑戦、CBOEがビットコインETF申請再提出へ

    仮想通貨エコシステムへ機関投資家の資金を流入させ、クリプト市場の流動性を高めると期待されている、ビットコインETF。 しかし、最近ではそれが年内に実現する可能性は低い、という声も少なからずある。 ☞米アナリスト、年内にビットコインETFが承認される…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • SWFTとリップル、各代表取締役が国際送金を語る

    SWFTとリップル、各代表取締役が「国際送金」の将来を語る

    将来の国際送金の「あり方」はどのようなものだろうか。 やはり既存の仕組みから分散型技術が基盤となるようなシステムへ移行するのだろうか。 これに関して、「打倒SWIFT」を掲げているリップル社CEOブラッド・ガーリングハウス氏とSWIFT(スウィフト…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フィデリティ、今年3月までにカストディサービス開始か

    短期的に見ると米SECがビットコインETF申請を認可する可能性が「ゼロ」となっている、現在の仮想通貨市場。 ☞VanEck/SolidXですらまだ早い!?CBOEが規則変更の提案を取り下げる ゴールドマンサックスを始める金融大手も仮想通貨関連の取…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • TONGBLOC代表取締役が語る「サトシナカモノの思想を継ぐ個人データ革命について」

    TONGBLOC(トン・ブロック)代表取締役であるJin-gil Lee(ジンギル・リー)氏に仮想通貨ニュース.comが独占インタビュー! ブロックが初めてマイニングされた2009年からビットコインを知っていた人は実際にどれくらいいるだろうか…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • BTC価格2.5万ドル説再び、トム・リー氏「タイミングは不明」

    昨年末にBTC価格が急騰することを示唆する発言を繰り返していた市場アナリストは、依然としてビットコインに強気なようだ。 ファンドストラット・グローバル・アドバイザー共同創設者トム・リー氏によると、1BTC当たり2.5万ドルは妥当だが、価格が上昇するタイミ…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ハッカー集団、仮想通貨「約10億ドル分」の資金洗浄完了か

    2019年取引所「ハッキング」第一号としてニュージーランドを拠点とする取引所が顧客資産を流出するなど、現在でもセキュリティ問題が心配される、仮想通貨取引所。 ☞クリプトピア取引所、2019年取引所「ハッキング」第一号か そんな中、たった2つハッカ…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • JPモルガン、仮想通貨は脱資本主義のディストピアのみで使用用途あり

    世界経済・政治情勢と相関性がないことから、ポートフォリオを多様化するための手段として注目されている、ビットコイン。 ☞株式市場とは相関性なし!?ミラー氏「ビットコインはとても価値があるか、ゼロ」 しかし、JPモルガンのアナリストによると、資産とし…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ICOトークンは有価証券!?クリプト新興企業がSECに立ち向かう

    ICOトークンは有価証券か否かということを巡り、ICO規制を強化している米規制当局とクリプト新興企業が直接対決する。 2017年のICOブーム時に1億ドルの資金調達に成功したことで有名なKik(キック)社が、SECと裁判で争う意向を明らかにした。 …
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 中国仮想通貨格付けランキング、EOSが依然として1位

    中国ブロックチェーン格付けランキング、EOSが依然として1位

    イーサリアムの殺し屋は、仮想通貨規制を強化している中国で依然として評価が高いようだ。 中国政府が後援する最新のブロックチェーンランキングが今月24日に発表され、EOSプラットフォームが第1位にランクインした。 中国ブロックチェーン格付け、中央集権型…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 仮想通貨サポータMcAfee氏、米政府から逃げながら米大統領選挙出馬?

    アメリカでまた一風変わったな大統領が誕生するかもしれない。 脱税のためにIRS(アメリカ合衆国内国歳入庁)から現在逃亡中のサイバーセキュリティ専門家ジョン・マカフィー氏が、2020年大統領選挙運動をボートで行う意向を明らかにした。 The McAf…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加