カテゴリー:仮想通貨の最新ニュース

  • ブロックチェーン技術を採用する米国初のミュージックサービス「eMusic」

         
    ブロックチェーン技術を取り入れた米発の音楽サービス「eMusic」。
    ブロックチェーンを採用した音楽配信プラットフォームで、業界の「壊れたサプライチェーン」を改善する注目プロジェクトです。
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • CE代表取締役、「ムーンショット」を狙うBakkt開始は2019年後半か

    ICE代表取締役、「ムーンショット」を狙うBakkt開始は2019年後半か

    機関投資家の市場参入を簡易化するだけでなく、ビットコイン価格の上昇を触媒すると言われているデジタル資産プラットフォーム、Bakkt (バクト)。 ICE(インターコンチネンタル証券取引所)の子会社として立ち上げられた同プラットフォームは、現物決済…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 米大手銀行サービス停止、煙程度では止められないクリプトの必要性

    日常的に使用されている銀行システムは、本当に信頼のおけるものだろうか。 先進国に住む多くの人々は、「安全・安心」をアピールする大手銀行のオンライン・モバイルバンキング、賃金の直接入金、およびATMを含める基本的な金融サービスに依存している。 …
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 民主SEC委員、ビットコインETFは「いずれ承認される」

    短期的には、SEC(米国証券取引委員会)から承認される可能性が完全にゼロとなっている、ビットコインETF。 米規制当局は、現在でも「市場操作」や「資産管理」を含める四つの懸念を持っていると言われている。 そんな中、SECで唯一の民主党委員で…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • リップル社との提携にも前向き、CZ「バイナンスは100年先を見据えている」

    市場の低迷を物ともせず、莫大な利益を昨年上げていたと報じられている取引量で世界No.1の取引所、バイナンス。 これまでというもの、仮想通貨にフレンドリーな地域へアグレッシブに進出することで市場シェアを拡大してきた。 そんな世界中の多くのユーザー…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • イーサリアム創設者、「取引能力が高い=中央集権化されている」

    ビットコインやイーサリアムと比べて「取引処理能力が高い」とアピールする分散型プラットフォームは多い。 しかし、取引処理能力の高さには何かしらの「代償」が伴うようだ。 イーサリアム共同創設者であるVitalik Buterin (ビタリック・ブテリン…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Binanceの昨年収益は約4.5億ドル!?クリプト冬は関係なしか

    仮想通貨の取引量が世界でNo.1の取引所は、クリプト冬でも「ぼろ儲け」しているようだ。 四半期毎のバイナンスコイン(BNB)の「トークンバーン(供給削減)」の統計を基に、バイナンス取引所の昨年の利益が4億4600万ドルに達していたことをThe Block…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • イラン銀行、ゴールドで価値が裏打ちされたPayMonを発行

    思いもよらない仮想通貨のユースケースが注目を浴びているようだ。 米大統領ドナルド・トランプ氏によって昨年から復活させられ、現在イランの貿易を完全に締め上げている、金融制裁。 これを回避すべく、イランは米ドルが基軸となっている国際送金ネットワークSW…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • JPモルガンアナリスト、ウォールストリートに「熱狂」が戻ってくる!?

    市場は低迷しているものの、「インフラ整備は進捗している!」と度々業界人からアピールされる現在の仮想通貨市場。 BTCに対するウォールストリートからの熱狂は再び戻ってくるかもしれないが、「厳冬期」をもう少し辛抱する必要があるだろう。 JPモルガンアナ…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 著名アナリスト、「BTC1800ドル、ETH50ドル」でもビックリしない

    一年以上蔓延っている弱気市場だが、ビットコイン価格の底値はどこだろうか。 これに関して、これまで様々な業界人が異なる見解を述べてきた。 ☞歴史は繰り返す!?BTC価格は「1700-2200ドル」まで下落するか ☞BTC価格は3000ドルを割る…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 匿名通貨Zcash、致命的なソフトウェア「バグ」を密かに修正か

    Zcashに危ないバグがあったようだが、現在は大丈夫なようだ。 ソフトウェア開発には付き物と言えるプログラム上の誤り「バグ」が仮想通貨で見つかるのは当たり前のことだろう。 しかし、それがネットワークの存続を脅かすような致命的なミスである可能性がゼロ…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加