リップル社との提携にも前向き、CZ「バイナンスは100年先を見据えている」

市場の低迷を物ともせず、莫大な利益を昨年上げていたと報じられている取引量で世界No.1の取引所、バイナンス。

これまでというもの、仮想通貨にフレンドリーな地域へアグレッシブに進出することで市場シェアを拡大してきた。

そんな世界中の多くのユーザーからの厚い支持を得ているバイナンス取引所のCEOであるチャンペン・ツァオ氏によると、同取引所はこれからも「ずっと生き残れる」という。

リップル製品にも興味深々!?バイナンス取引所のこれから


@binanceツイートからのスクリーンショット

今月7日に行われたAMAセッションで、「バイナンスはリップル社と提携し、xRapid基盤の決済システムを導入するのか」という質問に対し、ツァオ氏は以下のように述べた。

「私たちは、現在多くのパートナーと協力し、より多様な機能をローンチすることに集中している。 xRapidに関する取り組みはしていないが、将来的には間違いなく(リップル社を)パートナーとして迎え入れたいと思っている。」

リップル社は、既にBittrex(米国)、Bitso(メキシコ)、またCoins.ph(フィリピン)を含める仮想通貨取引所と提携しており、法定通貨からXRPへ(およびその逆)の変換手段をxRapid上で提供することでコストやスピード面の向上に貢献している。

バイナンスがリップル社と提携する計画は現時点ではないものの、同取引所がヨーロッパ(マルタとジャージー)、アフリカ(ウガンダ)、アジア(シンガポールと香港)、そして米国からのユーザーを抱えていることを踏まえると、パートナーシップは両社にとって有益なものとなるかもしれない。

バイナンスは「100年後」を見据えている

「バイナンスが別の弱気市場を生き耐えられるか」という質問に対して、「もちろんだ」と回答した、ツァオ氏。

「10、50、100年後」を見据え、弱気市場であろうが、強気市場であろうが長年「生き残る準備ができている」と主張。

また、バイナンスが事業として「財政的に非常に健全」であり、チームが「非常に安定している」と述べた。

分散型の仮想通貨に「惹きつけられた」

同氏によると、仮想通貨に興味を持ったきっかけは分散型の通貨がもたらす自由だという。

また、海外経験の長い同氏の経歴もそれへの確信を持たせたと続けた。

「仮想通貨とビットコインの仕組みについて学んだ時、これらが将来であることを理解した。本当に私を魅了したのは、仮想通貨が提供する自由だと思う…私は若い時から複数の国々に住んでおり、国や国境の概念はそもそも”仮想的”に思えた。また、異国を旅行する際における法定通貨の困難さをみんな知っているだろう…システムは上手く機能していない。」

法定通貨を取り扱いや分散型取引所にも積極的に取り組んでいると報道されているバイナンスのこれからの動向に注目が集まる。

原典:Binance Will Survive Any Bitcoin Bear Market: Crypto Billionaire Changpeng Zhao

ここまでの内容と考察

バイナンスはこれからも生き残れると同取引所CEOが発言したという、今回のニュース。

同氏のこれまでの功績を称え、シェイプシフト社CEOのエリック・ボアヒーズ氏は以下のように発言しています。

「この1.5年間でバイナンスが達成した信じられないような成功に印象付けられ、刺激させられる。あなたの上昇を見れて光栄だ。構築を続けてくれ。」

今では当業界で最も影響力のある一人となっているバイナンスCEOですが、今年はどんな活躍を見せてくれるでしょうか。

今後も仮想通貨エコシステムの拡大を促進するバイナンス取引所に注目していきましょう!

▼Pickupニュース▼

TONGBLOC代表取締役が語る「サトシナカモノの思想を継ぐ個人データ革命について」


底値は近い?ライトコイン「ブロック報酬半減」まで200日を切る

イーサリアム創設者、「取引能力が高い=中央集権化されている」

Binanceの昨年収益は約4.5億ドル!?クリプト冬は関係なしか

イラン銀行、ゴールドで価値が裏打ちされたPayMonを発行

JPモルガンアナリスト、ウォールストリートに「熱狂」が戻ってくる!?

著名アナリスト、「BTC1800ドル、ETH50ドル」でもビックリしない

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  

   

関連記事