2018年の仮想通貨市場の動きを予測!更なる資金の流入が期待?

2018年の仮想通貨市場の動きを予測!更なる資金の流入が期待?

2017年は、ビットコインを中心に仮想通貨市場が約30倍にまで広がった、まさに「仮想通貨元年」となりました。

では、2018年は一体どういった年になるのでしょうか?

今年の初めから、仮想通貨の今後の市場の動きについて推察したことを記載していきます。

これは長期投資としての仮想通貨市場を考えられている方に役立つ情報を

仮想通貨バブルは続くのかどうかについて

 
昨年(2017年)1月1日の仮想通貨市場は約1.8兆円。今年(2018年)1月1日の仮想通貨市場は約60兆円となり、およそ33倍に市場規模が成長しています。

(参考Cryptocurrency Market Capitalizations URL:https://coinmarketcap.com/charts/)

これに対して一般の人たちは「バブル」と表現し、「もう終わりだ」とか「まだまだ続く」など様々な意見が出ています。がしかし、それを説明できる人はまだまだ少ないです。

これに関しては私個人の見解は「まだバブルの入り口にしか入ってない」と思っています。

なぜならばこれから仮想通貨に入ってくる市場はその程度(数十兆円)ではないからです。

その根拠は、イーサリアムと昨年流行ったICO(Initial Coin Offering)の動向からです。

イーサリアムとICO

イーサリアムは、スマートコントラクト(自動契約)を兼ね備えたブロックチェーンの開発用プラットフォームの通貨です。

開発者は、コントラクト(契約)内容を組み込むことができるため、独自通貨をより簡単に発行できるようになりました。

それに伴い仮想通貨市場の「通貨」以外の使い道の幅が大きく広がったため、保険、不動産、広告、物流、IoTなどの業界に活用しやすくなりました。

その状況から各プロジェクトチームが資金調達の方法としてクラウドファンディングの1つであるICOが利用され、様々な組織が資金集めを行い、プロジェクトを始めている状況です。

このような状況を鑑みると、もはや「仮想通貨」という単体で市場を見る時期ではなく、その通貨がどの業界にアプローチをしているのかなどを見なくてはいけません

まだバブルの入り口である理由

このように様々な業界の資金が仮想通貨に流れている以上、全体像を把握するのは難しいです。

例えば、IoTの世界市場は2017年6月14日の米IDC のレポートによると、80兆円ほどとなっています。(参考:http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/news/17/061501661/?rt=nocnt)

まずこの1例だけで考えてみても、この市場規模の資金はこれから参入し始めると、仮想通貨の市場を凌駕してしまいます。

次に、不動産。参考程度に2016年のアメリカの不動産市場は535兆円、日本市場だと202兆円。(市場規模参考サイト:http://braganetwork.com/category3/entry8.html)

また、国内ではビットコインで不動産が買える会社もありますし、すでに各国では仮想通貨で物件を買ったというニュースも出ています。

仮想通貨で決済可能なプロジェクトも存在しているため、今後不動産の市場がどんどん仮想通貨に流れてくるイメージが湧くと思います。

1例としてIoTや不動産の市場規模を出しましたが、これは今の仮想通貨の市場よりも大きいですね。これら以外に、保険、債券、広告などなど他の市場の資金はまだ計算に入れていません。

このような観点から見ると、今の仮想通貨の市場規模(およそ60兆円 ※2018/01/01)は、大きすぎると言えるでしょうか?
 

結局いつまで市場が膨らむの?

正直なところ今年一杯まではまだまだ市場規模は膨らんでいくと個人的には思っています。

今後の世界各国の仮想通貨への規制の動き次第ですが、今の市場規模から10倍以上は紆余曲折しながら増え、2019年に入るころには失速していくと予想しています。
 ※あくまでも参考にしてください

ではどの通貨を選んだらいいの?

通貨の選び方は簡単です。ブロックチェーン+αの「α」の部分をまず知ることです

まず、ブロックチェーンの利点を理解し、どの業界にブロックチェーンを使ってアプローチをしているかを分析し、活動を見るしかないです。

そしてこの+αは他の業界の市場規模や成長過程に影響が左右されます。

例えば、VRは昨年から注目されており、VRの広告プロジェクトのICOが大きな注目を浴びるようになっています

というのも、VRは徐々に一般の人たちがVRのコンテンツやVRの施設を利用することができるようになっており、VR市場が広がっていった際に、コンテンツの広告業界が参入してくることが予想されるためです。

その時期に初めてこのVRプロジェクトの価値が急激に跳ね上がっていくのを想像するのは容易ではないでしょうか。

こういった観点を踏まえて通貨それぞれを調査することは、株式投資で各企業を調査することと全く同じことです。

株式投資をなされている方はその経験をそのまま活用するだけで問題ないです。通常の企業よりも仮想通貨のプロジェクトのIRはかなり多くの情報が公開されているため精査するのは容易かと思います。

ただ、一番注意しなくてはいけないのは世界各国の規制の動き

仮想通貨の市場が早急に大きく成長しているため、政府は早急に規制法案を練りつつ緊急対応を強いられている状態になっています。

このような規制に関する動きは仮想通貨市場に大きな影響を与えるため、短期トレードを行う人は世界の動きを見る必要があります。(※英語必須です)

まとめ

いかがでしたか?

これからの仮想通貨の市場がどうなっていくかは正直なところ法律次第になりますが、各国によってはブロックチェーンの導入に積極的な国も存在するため、市場が成長する流れになっています。

まだ今年参入されてない方で「もう遅い」と思われている方が多いかもしれませんが、まだまだ保持する銘柄を間違えなければ、「億り人」になれるチャンスはあります。

このコラムがどの通貨に投資するかの判定基準の一助になれば幸いです。

おすすめの仮想通貨を見たい方はこちら!


毎日配信!仮想通貨に関する優良情報をメールでお届け!!

当無料コラムでは様々な独自情報を配信しており、価格の上昇が期待できるコインの情報も配信しています。

過去に配信したOmiseGOPOLYMATHといったICOやコインは、高い確率で価格が上昇しています!

ちなみにOmiseGOに至っては、なんと最高値で42倍まで上昇しました。

仮想通貨ニュース.comで配信する無料コラムでは、編集部が様々なネットワークから得るマル秘情報を配信しておりますので是非ご登録してみてはいかがでしょうか?

お名前  *
メールアドレス  *
お名前  *
メールアドレス  *


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  

   

関連記事