香港は仮想通貨の税金が格安!?日本との違いに驚愕

おすすめは仮想通貨の税金が緩い香港

「55%」。この数字が何を表しているか分かりますか?

これは日本仮想通貨に課せられる最大税率です。日本の税率は世界的に見ても高いことで有名です。

株式投資の利益に対する税率が20.315%であることと比べると、仮想通貨が非常に高いことがわかります。

せっかく仮想通貨で儲かっても、半分以上税金で取っていかれるなんて嫌ですよね?

そんな思いを抱いた投資家たちが最近注目しているのは、日本より税金が安く済む「香港」。

そこで今回は、そんな香港の税制や日本との違いについて紹介していこうと思います。

香港の仮想通貨に課せられる税金とは?


香港は仮想通貨に限らず金融大国として世界的に有名な国です。

その理由は、値上がり益のキャピタルゲインに対する課税が非課税のためです。

株式、不動産、仮想通貨も対象で、香港内でこれらの投資による利益は非課税なのです。

また法人税なども格安などの理由から世界中の富裕層やビジネスオーナーから重宝されています。

では実際に日本で課税された場合とどう違うのか、具体的な数字を出しながら見ていきましょう。

こんなにも違う香港の税金

さてキャピタルゲイン税は非課税と上記で説明しましたが、短期的な売買でトレーディングとみなされれば課税対象となります。

課税対象となった場合に、個人では17%の所得税がかかります。

同じ条件で日本と香港を比べてみましょう!

日本では、仮想通貨は「総合課税」に区分され、所得区分は「雑所得」になります。

ちなみに日本の税率をわかりやすく一覧にまとめてみました。

課税対象の所得金額(課税所得額)税率控除額
195万円以下5%0円
195万円~330万円以下10%97,500円
330万円~695万円以下20%427,500円
695万円~900万円以下23%636,000円
900万円~1,800万円以下33%1,536,000円
1,800万円~4,000万円以下40%2,796,000円
4,000万円以上45%4,796,000円

この表を見ていただければわかり通り、仮想通貨投資で1億円の利益が出た場合、日本国内では45%が課税されますので、約4500万円が税金として差し引かれてしまいます。(住民税でさらに10%プラスなので5500万円)

しかし、香港国内の税制が適用されれば17%で済みますので、納めるべき税金は1700万円です。

約3000万円もの差が生じるのが分かりますよね。

香港に住んでいれば仮想通貨の税金を払わなくていいのに

と思ったそこのあなたに提案です。最近仮想通貨の節税対策として流行しているの海外移住はいかがでしょうか?

節税対策として香港へ移住!?

最近巷で仮想通貨の節税対策として、海外移住が人気を博しています。

この背景には先ほどから説明している仮想通貨へ課せられる税金の違いが関係しています。そんな海外移住についてこれから見ていきましょう!

税金対策としての海外移住

これまでも内容を踏まえると、日本で高額な税金を納めるよりも、海外に移住することで節税できることはわかりますよね。

収入を増やして、支出を抑えることで利益が生まれるわけですから、節税をすることは非常に合理的な判断であるといえます。

特に億り人のような大きな利益を上げた方にとって節税は必須ともいえるでしょう!

しかし、移住と一言で言っても税金が安いだけで移住先は決められません。

現地の治安や、日本からの距離、物価や法律の整備、食文化や生活様式など挙げればきりがありません。お子様がいるご家庭は教育の制度なども十分に考慮する必要があるでしょう。

そういった際に役に立つのが、プロの専門家です。

OWL HongKongに相談してみる

海外移住や海外の税制など、複雑かつ不明瞭な部分を個人で調べるのにはかなり限度があると思われます。そんなときにおすすめなのがその道の専門家へ相談する事です。

今回紹介するのはOWLHongKong。

OWLHongkongは、海外への移住という方法を通して億り人たちが持つ税務リスクを合法的に解決することを提案している企業です。

もともとは日系企業のアジア進出をサポートし、法人の設立などの事務的な業務の代行を行ったり、富裕層向けの資産運用のサポートを行っている会社です。

香港などの税金の低い国に法人を作ったり、移住したりすれば、日本の金融庁局は把握できない話はよく聞きますが、把握できないのと合法であるのは全く異なります。

しかし、制度というものは政治体制やその時々の時流に合わせて変わるものです。今はグレーなものが、完全にブラックにもなりえます。

個人で海外移住を行って後々問題になってしまうのは避けたいですよね。ある程度自分で行ったらそこからは専門家へ任せましょう!

そんな海外移住の専門家OWLHongkongによりますと、7000万円以上の利益があるなら、海外への移住を検討する価値があるとのことです。

同社では無料でメールなどの相談を行っているので是非こちらから連絡してみてください!

 

 

そして実際に税金を納める必要がなくなるためには、「日本居住者でない」と認められる必要があります。

日本居住者」である限りは日本国内での納税義務が生じます。

しかし、「居住者でない」と認められるための条件を満たすことが容易ではありません。ただ住めばいいというわけではないのです。

年間の滞在日数等、国によって様々な違いあり複雑。

税務当局の国際協力も強化されている昨今、節税対策としての海外移住はOWLHongkongのような現地の制度に精通している専門家のサポートは必須であるといえます。

OWLHongkongの代表である本名氏は、東京大学を卒業後、野村證券やゴールドマンサックスでアジアを中心としたM&Aに携わっていたという経歴の持ち主です。

その経験を生かして、2015年にOWLHongkongを設立しています。

つまり、代表が日本人であり、日本語でのサポートを受けることができるのです。

この点も非常に考慮すべき点です。

香港は金融大国であり、戦略的都市であるため、このような支援をしている企業は世界中に存在します。

ですが、日本人が代表を務め、日本語でフルサポートが受けることができるサービスは少ないのではないでしょうか。

そんなOWL HongKongでは現地視察なども行っており、その内容などをインタビューした記事が御座いますので、是非こちらもごらんください。

>>OWL Hong Kongが語る「日本と海外における税制の違いや海外移住という節税方法」

 



毎日配信!仮想通貨に関する優良情報をメールでお届け!!

仮想通貨ニュース.com編集部が、ニュースの一歩先を行く独自情報を毎日配信!

将来性の高い仮想通貨やトークン価格上昇の仕組みなど内容は様々。

特に億り人を目指す仮想通貨投資家やブロックチェーン技術をもっと詳しく知りたい方におすすめです。

下のフォームから無料登録することができます!

ニックネーム  *
メールアドレス  *
お名前  *
メールアドレス  *


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  

   

関連記事