IBM幹部が警笛を鳴らす、量子コンピュータはビットコインの「脅威」

現存するどんなスーパーコンピューターよりも圧倒的な処理能力を誇るようになると一般的に言われている、量子コンピューター。

それの登場は技術の進歩を示す一方、仮想通貨に限らず様々な情報システムの脅威になる可能性が高いと指摘する専門家も多い。

そんな中、量子コンピューターの開発に多額な資産を投じているIBMの幹部達が、仮想通貨とブロックチェーン技術に対する量子コンピューティングの脅威についてFinder.comのインタビューで言及した。

量子コンピューターの脅威は度外視できない!?IBM幹部が警笛を鳴らす

出典:Quantum Computing vs Cryptocurrency – is Bitcoin safe? | IBM Think 2019からのスクリーンショット

まず、IBMのブロックチェーン担当バイスプレジデントであるジェシー・ルンド氏は、仮想通貨における量子コンピューターの脅威について、以下のように述べた。

「(量子コンピューターは)ウォレットの所有権を示す秘密鍵をリバースエンジニアリングできる…これは、本当に信じなければならない脅威だろう。公開台帳を使っているビットコインは、どの公開鍵が多くの残高を保持しているかを確認できる。また、(量子コンピューターを使って)公開鍵から秘密鍵をリバースエンジニアリングすることでそれらをターゲットにすることも可能だ。」

また、量子コンピュータが既存の公開鍵による暗号方法を脆弱にする可能性ことを示唆し、全てブロックチェーンの内「少なくとも半分」がそれによる影響を受ける可能性がある、と付け加えた。

仮想通貨にとどまらず、通信、スマートカー、個人用および政府用データベースなど、暗号法を使用するほぼすべての情報システムに影響が及ぶと言われている、量子コンピューターの脅威。

IBM研究チームは、ビットコインやイーサリアムを始めとする仮想通貨は、すぐにでも量子コンピューター対策を行うべきだと考えているという。

IBMデータセキュリティサービスのCTOであるネブ・ズニック氏は、これに関して以下のように語った。

「企業は、製品のライフサイクルでハッキングされないように、量子コンピューターとそれがもたらす潜在的なリスクを認識する必要がある。」

また、スイスのIBMリサーチのセキュリティおよびプライバシーグループのマネージャであるマイケル・オスボーン氏は、量子コンピューターの脅威に対する「早急性のある計画」を直ちに立てるべきであることを強調した。

「(多くの人を巻き込むため)複雑なシステムであれば早急に対策を検討する必要がある。脅威を待ってから、回避方法を見つけ出すことはできない…もう30年もなく、リスクは高すぎる。」

ズニック氏によると、実際に脅威が現れるまでに10年以上かかるそうだ。

しかし、日常的に送受信されているデータも量子コンピューターの影響を受ける可能性がある、と指摘した。

出典:Quantum Computing vs Cryptocurrency – is Bitcoin safe? | IBM Think 2019からのスクリーンショット

「政府機関、組織、金融取引の間で機密性の高い通信が将来的に傍受、保存、および復号化される可能性がある。組織は、このことを今から認識し、将来的には潜在的な量子コンピューターによる攻撃に対して、今から行動を起こす必要がある。」

IBM幹部たちが口を揃えるように、量子コンピューター対策は焦眉の急を要するのかもしれない。

原典:Breaking News:SingularityNET partners with Ping An Insurance

ここまでの内容と考察

IBM幹部が量子コンピューターの脅威についてインタビュー中に言及したという、今回のニュース。

量子コンピューター対策が出来ていないビットコインやイーサリアムは、いつそれを行うようになるのでしょうか。

分散型のガバナンスを採用する上述の主要クリプトが、いかにこれを円滑に行えるかにも注目ですね。

ちなみにですが、前述にあったルンド氏は、IBMが現在進行形で手掛けている仮想通貨製品について、以下のように以前発言していました。

「デジタル資産を使用して、即時決済を実現するというビジョンはリップル社の功績だ。しかし、リップル社の実装は一つの道を辿り、私たちは他をいく….決済手段を提供するエコシステムには幾つかの資産があるべきだと考えている。ネットワーク参加者は、リアルタイムでデジタル資産を選択できなければならない。リップル社の製品はXRPを使っているが、私たちのはXLM、XRP、またビットコインなど選ぶことができる。」

☞IBMの新製品「World Wire」、ブロックチェーン担当者が最新情報を漏らした!?

「30-40の通貨、そして30-40の銀行に対応する」と言われている同製品ですが、仮想通貨エコシステムを拡大するきっかけになるでしょうか。

今後も仮想通貨・ブロックチェーン業界に本格的に参入しているIBMのこれからの動向に注目していきましょう!

▼Pickupニュース▼

カルダノ発案者・IOHK代表取締役が語る「新時代のガバナンスとカルダノの今後」

TONGBLOC代表取締役が語る「サトシナカモノの思想を継ぐ個人データ革命について」

Holochain代表が語る「世界中の人々が呼応する近未来のエコシステムについて」Part 2

Aion創設者が語る「仮想通貨業界を変えうる投資家が持つ力」

GLOBIANCE取引所創設者が語る 「近未来を見据えたマルタ仮想通貨規制について」

Optherium創設者が語る「銀行がポケットに入る次世代について」

eMusicのCEOが語る「ブロックチェーンが実現する音楽業界の近未来」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  

   

関連記事