シビアなSEC、分散型取引所「イーサデルタ」は証券取引法違反か

中央集権型」取引所の不祥事が続出し、分散型取引所への期待が高まる風潮がある中、多くの仮想通貨ユーザーから期待の星とされている分散型取引所さえも厳しい規制対象となるようだ。

SEC(米国証券取引委員会)が、未登録の証券取り扱ったとして、分散型取引所EtherDelta(イーサデルタ)共同創設者であるZachary Coburn(ザッカリー・コバーン)氏に対して罰金を科した。

米国証券取引委員会、分散型取引所の取り締まり開始

過去18ヵ月に渡り、360万件以上のトークン取引を行ってきた人気分散型取引所、イーサデルタ。

ICOで販売されるトークンの多くが同取引所に上場することでも有名だ。

しかし、SECは、同取引所を「未登録の証券取引所」と見なし、「未登録の証券」を取り扱ったと、ダブルパンチ。

同取引所共同創設者であるコバーン氏に、計388,000ドル(約4400千万円)の罰金を科した。

同氏はこれに同意しているという。

なぜ分散型取引所を規制できる?

設立以来「分散型取引所」と名乗っていたイーサデルタだが、完全に分散化されているとは言い難い。

顧客の資産および秘密鍵はユーザーが自己管理することで成り立っている同取引所だが、コバーン氏率いる単一のプロジェクトチームにより運営されているため「中央集権型」という見方もできるようだ。

Bisp(ビスク)取引所のように、完全にオープンソースの開発者コミュニティによって運営される分散型取引所も存在するものの、実は現存するほとんどのものはイーサデルタのような体制を築いている。

それを物語るかのように、分散型取引所を名乗るIDEX(アイデックス)は、KYCの導入を開始し、特定地域から発信されるIPアドレスをブロックした。

セキュリティの頑強さに注目が集められるものの、分散型取引所に対する規制強化が進むかもしれない。

原典:Will EtherDelta Charges Lead to the Demise of Decentralized Crypto Exchanges?

ここまでの内容と考察

SECが分散型取引所を未録の証券取引所と見なし、イーサデルタ共同創設者へ罰金を科したという、今回のニュース。

イーサデルタが規制対象になると、多くの取引所が規制されることになるかもしれませんね…

実際にも、中央集権型の開発チームが存在しない仮想通貨、ましてや取引所はほとんど存在しません。

米規制当局が本格的に仮想通貨規制を強めていることが感じられます。

今回の発表に対し、ツイッター上では以下のような声が挙げられていました。

SECは今後どのような方針で仮想通貨規制を実施していくのでしょうか。

「技術革新」をキープしながら、どのように仮想通貨犯罪を撲滅できるのでしょうか。

今後も規制当局や分散型取引所の動向に注目していきたいですね。

 



毎日配信!仮想通貨に関する優良情報をメールでお届け!!

仮想通貨ニュース.com編集部が、ニュースの一歩先を行く独自情報を毎日配信!

将来性の高い仮想通貨やトークン価格上昇の仕組みなど内容は様々。

特に億り人を目指す仮想通貨投資家やブロックチェーン技術をもっと詳しく知りたい方におすすめです。

下のフォームから無料登録することができます!

ニックネーム  *
メールアドレス  *
お名前  *
メールアドレス  *


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  

   

関連記事