世界No.1資産運用企業CEO、「正当」になるまで仮想通貨ETFはない

機関投資家の市場参入を促すような米国発のニュースが頻発するここ最近、BTC価格に大きな影響を与えるであろうビットコインETF申請の承認が「いつ」になるのかが問われている。

しかし、世界最大の資産運用会社BlackRock(ブラック・ロック)のCEOであるLarry Fink (ラリー・フィンク)氏は、仮想通貨の「正当性」が認められるまでETF申請は承認されない、と見ているようだ。

仮想通貨は✕、ブロックチェーン技術は◎

「価値の保存として利用できる、電子取引のための通貨はいつか登場する」

上述のように述べるのは、機関投資家向けの資産運用サービスやETFを提供するブラック・ロック社CEOである、フィンク氏。

技術革新の必要性や仮想通貨の可能性を完全に否定しないものの、それが「正当」でなければならないと同氏は語る。

「最終的には政府の支援を受けなければならず、お金の流れを把握できない限り、政府がそれを許可するとは思わない」

さらに、同氏は仮想通貨詐欺、マネーロンダリング、脱税に関する懸念を述べ、その理由として仮想通貨が非中央集権化・匿名化されていることや、規制環境の整備が進んでいないことを指摘。

6兆4000億ドル(約721兆円)程の顧客資産を抱えているブラック・ロック社だが、これらの懸念が解消されるまで仮想通貨ETFを展開しないという。

フィンク氏が、仮想通貨へ疑問を呈したのは今回が初めてではなく、今年初旬にはビットコインを「マネーロンダリングのインデックス(指数先物)」とバッシングしている。

しかし、ブロックチェーン技術には肯定的な姿勢を長年見せており、そのユースケースに関して、

「ブロックチェーンの最大の用途は、未だ紙面上で行われているような住宅ローン、モーゲージ申し込み書、抵当権だろう」

とコメントしていた。

ビットコインETF申請が認可されるのが来年になるという見方が強まる中、世界No.1資産運用企業CEOは未だ仮想通貨に懐疑的なようだ。

原典:BlackRock Won’t Launch Bitcoin ETF Until Crypto Is ‘Legitimate,’ Says CEO Larry Fink

ここまでの内容と考察

仮想通貨関連のETF申請が承認されるのは政府からそれの正当性が認められてからだ、とブラック・ロックCEOが発言したという、今回のニュース。

昨年からずっと言われ続けているビットコインETFの上場ですが、それがSECから承認されるのはいつになるのでしょうか。

ビットコインETFについて、ツイッター上では以下のような声が挙げられていました。

ビットコインETFは、「遅かれ早かれ承認される」というのが最も多い意見かもしれませんが、現在のビットコイン市場の動きを踏まえた上でも、フィンク氏のように疑い深い人もいるようですね。

また、従来の金融機関がビットコイン市場の「透明性を向上させる」という謳い文句自体が、ビットコインの本質をついていない、という業界リーダーからの指摘もあります。

例えば、これに関してウォールストリートで20年以上の経験を持つCaitlin Long(ケイトリン・ロング)氏は、以下のようにツイートしています。

「規制されていない市場に透明性と信頼をもたらすとCEOが言えば、それはビットコインを理解していないことを示す。ビットコインには、信頼と透明性をもたらすために中央集権的な機関を必要としない」

今年はよく話題となるビットコインETFですが、ビットコインエコシステムへどのような影響を及ぼすのでしょうか。

今後の仮想通貨市場の発展に関して、どのような効果を期待できるのでしょうか。

これからも規制当局によるビットコイン市場への影響に注目していきたいですね!

 



毎日配信!仮想通貨に関する優良情報をメールでお届け!!

仮想通貨ニュース.com編集部が、ニュースの一歩先を行く独自情報を毎日配信!

将来性の高い仮想通貨やトークン価格上昇の仕組みなど内容は様々。

特に億り人を目指す仮想通貨投資家やブロックチェーン技術をもっと詳しく知りたい方におすすめです。

下のフォームから無料登録することができます!

ニックネーム  *
メールアドレス  *
お名前  *
メールアドレス  *


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  

   

関連記事