ビットコイン価格今年最安値更新、市場全体が縮小へ

ボラティリティの減少が確認されたり、金融大手が軒並み市場参入を表明したことなどの好材料から、年末までには1万ドルに達するという見解が持たれていた、BTC価格。

しかし、今週水曜日にそれが5280ドル (約60万円)にまで下落し、今年の最安値を更新した。

米ドル強し!?ビットコインは今年最安値更新

前述にもあったように、BTC価格が12%下落し、BTC総時価総額が昨年11月12日以来初めて1000億ドル(約11兆円)を下回った。

また、下方圧力が加わったのはビットコインに限ることではなく、主要仮想通貨トップ100にランクインするほとんどのコイン価格が10%以上下落。


出典:Coin360

それに伴い、特に売り注文が殺到したETHの時価総額を、XRPが一時的に上回った。

また、米ドルで価値が裏打ちされている「テザー (ティッカーシンボル: USDT)」は、それを実際に米ドルと交換できるKraken(クラーケン)取引所で0.95ドルへと著しく下落したことが確認された。

同様に、価格が変動が少ないコインとして注目を集めるその他の「ステーブルコイン」も、1ドルから価格を大きく割り、0.96-0.97ドルで取引されている。

仮想通貨市場全体としては、時価総額が過去24時間で190億ドル以上減少し、現在では1870ドル(約21兆円)まで縮小した結果となった。

一方、米ドルはここ16ヵ月におけるピーク時の水準を維持しており、これは今年12月の金利引き上げの憶測、イタリアの予算、Brexit(イギリスの欧州連合からの撤退)協議に対する懸念などが影響していると言われている。

>> BTC価格が一年前の価格割る、ドルインデックス上昇の影響か

年末までにビットコイン価格が2万ドルまで高騰するという見解もある中、本日は弱気市場がさらに冷え込んだ1日となった。

原典:Bitcoin Price Sinks to New Yearly Low as Sell-Off Batters Crypto Markets

ここまでの内容と考察

ビットコイン価格が今年の最安値を下回ったという、今回のニュース。

世界的な金融大手の参入やビットコイン先物・ETFに関する大きなニュースでも市場が全く反応しなくなった仮想通貨市場ですが、業界自体は水面下で大きな進捗が見られます。

例えば、現在ICO市場に参入しているのは、新興企業ではなくビジネスが長年確立している企業ばかり。

数百万人が既に日常的に利用するような需要のあるサービスをさらに効率化するために、ユーティリティトークンを発行しているケースがほとんどです。

つまり、規制面を完全にクリアしているようなプロジェクトが増加しているということ。

「ユーティリティトークン=投機」という考え方が少しずつ変わり始めていることは確かです。

また、最近ではフィデリティを始めとする金融大手が「資産管理サービス」を開始すると宣言しています。

仮にこの1企業だけが、顧客のポートフォリオの1%の資金を仮想通貨に回すことを勧めるだけでも、仮想通貨市場は凄まじく拡大するでしょう。

個人投資家として市場参入する「タイミング」は難しいところですが、金融大手がなぜ「今」参入するかということについては、ちょっと考えてみても面白いかもしれませんね。

嵐が止まないような今年の仮想通貨市場ですが、長期目線で見つめていきましょう!

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  

   

関連記事