ビットコインETF承認までの道のりは長い!?市場操作リスクが懸念か

米ユーザーをターゲットにする仮想通貨取引所やICOプロジェクトの規制を強化している、SEC(米証券取引委員会)。

直近でも、ICOプロジェクトへの「見せしめ」として、ブロックチェーンスタートアップ2社を「証券取引法」を違反したと見なし、罰金を科すまでに至っている。

>>クリプト規制強化か、米SECが本格的なICOの取り締まりに乗り出す

そんな中、同規制当局の取り組みとして特に注目されているビットコインETFの承認に関する進捗状況はいかなるものだろうか。

SEC委員長であるJay Clayton (ジェイ・クレイトン)氏によると、仮想通貨ETFを承認する前に、市場監視体制と仮想通貨の保管サービスを確立する必要があるという。

高まる米クリプト規制、ビットコインETFはまだ時間かかかるか

「投資家が期待するのは、市場操作リスクがなく、基礎となる金融商品の取引が道理にかなっているETFだ。承認する前に、これらの問題を解決する必要がある。」

上述のように、ビットコインETF申請の許可が下りるのがまだ先になると暗示したのは米国SEC委員長、クレイトン氏。

ビットコインETF申請を承認する規制機関の「脳みそ」である同氏は、まだまだそれに疑問を持っているという。

Winklevoss (ウィンクルボス)兄弟のGemini(ジェミニ)取引所を含む計9件のETF申請を却下しているSECは、かねてより「市場操作」を懸念していた。

また、クレイトン氏によると、仮想通貨の保管に関することも気がかりだという。

「頭を掻きたくなるようなデジタル資産の盗難があった。 ETFの基盤となる資産は、消えることのないようにしっかりと保管されている必要がある。」

仮想通貨保管サービスとして、コインベース、フィデリティ、ゴールドマンサックスが市場参入を表明しているものの、同氏は更なる「改善や強化が必要」と断言した。

また、SECが規制を強化しているICOに関して、「トークンが承認される前に、それの全てが証券だと見なしておくべきだ」だと述べ、証券規制を遵守していない企業は迅速に拒否するとした。

投資家保護を最重要視する米規制当局からビットコインETF申請が承認されるには、まだ少し時間がかかるかもしれない。

原典:SEC: No Rush to Approve Crypto ETFs Due to Lingering Concerns

ここまでの内容と考察

SEC委員長であるクレイトン氏が、ビットコインETFの承認に関して言及したという、今回のニュース。

かねてより注目度が高いETFですが、米規制当局はまだまだリスクが大きいと捉えているようですね。

一方、スイスではETFを含めるETP取引が既に開始しています。

>>市場拡大の予感!?スイスでETP取引がついに開始か

また、近いうちにビットコインETF申請の許可がSECから下りなくとも、市場を活性化させるような「好材料」はいくつかあるかもしれませんね。

>>BakktとFidelityが市場を救う!?機関投資家参入はもうすぐか

>>ビットコイン救世主、「ブロックチェーン革命のポテンシャルは何よりも大きい」

直近でのBTC価格の底値が3000ドル付近だと見られているビットコイン市場ですが、やはり今後は機関投資家の市場参入が「頼みの綱」なのでしょうか。

実用性のあるブロックチェーン製品の登場にも注目ですね。

今後もクリプト業界の市場参加者としてとても重要な役割を果たす、規制当局の動向に注目していきましょう!



毎日配信!仮想通貨に関する優良情報をメールでお届け!!

仮想通貨ニュース.com編集部が、ニュースの一歩先を行く独自情報を毎日配信!

将来性の高い仮想通貨やトークン価格上昇の仕組みなど内容は様々。

特に億り人を目指す仮想通貨投資家やブロックチェーン技術をもっと詳しく知りたい方におすすめです。

下のフォームから無料登録することができます!

ニックネーム  *
メールアドレス  *
お名前  *
メールアドレス  *


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  

   

関連記事