ドイツの金融専門家、仮想通貨を日常の決済手段として見ていない

ドイツの金融専門家、仮想通貨を日常の決済手段として見ていない

欧州経済研究センター(ZEW)の調査によると、ビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨は、2020年までにドイツで支払い方法として受け入れられないという。

これは、ZEWが毎月提出している金融市場のレポートで、明らかになった。

今回の調査では、銀行、保険会社、大手企業の財務部門から300人の専門家を対象に、仮想通貨がすぐに日常での決済に使われるかの是非を問うた。

多くの回答者が、仮想通貨を使用することに、懸念を抱いているようだ。

そんな中、全体の13%のみが仮想通貨の使用を支持ししているという。

また米国や日本での仮想通貨使用についての質問では、回答者の23%が支持し、ドイツよりは高い数値となったが依然として低い結果となった。

この結果にZEWの科学者Dr.Dominik Rehse(ドミニク・レーゼ)氏は、

「今回の調査では、従来の決済方法が既に市場の顧客の要件を満たしている事を示しており、仮想通貨は技術的に複雑な面と、高いトランザクションのコストを兼ね備えており、日常の決済には向かない」

とした。

去年仮想通貨は、投機商品として一世を風靡したが、現在価格の減少につれそのブームも影を潜めている。

今後の成長のためには、日常的に使用されるようになることが、鍵を握りそうだ。

原典:「Germany: Financial Experts Don’t See Crypto as an Everyday Payment Method by 2020

ここまでの内容と考察

ドイツの金融専門家が、「2020年までに仮想通貨は日常的に使用されない」と考えているのに驚きましたね。

今回問題となったのが、「システムの複雑さ」と、「高いトランザクションコスト」

つまりこの問題さえ解消されれば、仮想通貨が日常的に使用される日も、近いという事になります。

本文にもあったように、投機目的だけの現在から抜け出すことが、仮想通貨の成長につながるはずです。

今後の仮想通貨の展開に注目していきましょう!
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  

   

関連記事