米NY州がコインベースをカストディアンとして承認!XRPの資産管理も

仮想通貨の「パイオニア」とも呼ばれているコインベースが、新たな先駆的な動きを見せた。

Coinbase Custody Trust(コインベース・カストディ・トラスト)が米ニューヨーク州から「カストディアン(顧客の資産管理をする機関)」として承認された。

これは、米サウスデコタ州からカストディアンとして認可されたBitGo(ビット・ゴー)に続く快挙となる。

機関投資家も安心、コインベースがカストディサービスへ乗り出す
盗難や資金損失を最小限に抑えることが主な目的であるカストディアン。

顧客の資産を保管・管理する権限があることから「カストディアン銀行」と呼ばれることもある。

そんなカストディアンとして認可されたことが明らかになったコインベース・カストディ・トラストだが、実は法律的な観点では、コインベースとは別企業という扱い。

そのため、コインベースを利用するユーザーへの影響はないと見られており、また顧客のアカウントと資産はコインベースと別に管理される。

しかし、規制や法律を懸念する大口投資家や機関投資家にとって、カストディサービスは「重要な選択肢」となるとコインベースは強調した。

「ニューヨーク州信託会社としての営業は、ライセンス獲得を意味するだけではなく、将来的により多くの資産を保管したりステーキングなどの新機能を追加するための、規制上の明快さを意味する」

尚、コインベース・カストディ・トラストが資産管理を行う銘柄は以下となる。

Bitcoin
Bitcoin Cash
Ethereum
Ethereum Classic
XRP
Litecoin

過度に理想的で、馬鹿げており、風変りだと数年前に言われていたビットコイン投資だが、機関投資家が本格的に参入できるようなインフラの整備が迅速に進められている今日、それが「普通」となる日はもうそれ程遠くないのかもしれない。

原典:New York Gives Coinbase Green Light to Offer Regulated Crypto Custody

ここまでの内容と考察

コインベースが米NY州からカストディアンとして認可されたという、今回のニュース。

ビット・ゴーやFidelity(フィデリティ)に続き、機関投資家の市場参入を検討するいいきっかけとなるかもしれませんね。

依然として低迷している現在のビットコイン市場ですが、今回の報道のように、インフラ整備は着々と進められているようにも感じられますね。

今回のコインベースの発表に関して、ツイッター上では以下のような声が挙がっています。

コインベースがあれだけXRPの上場を避けていたのに、法律的には別企業であるコインベース・カストディ・トラストがそれを扱うところはとても興味深いですね。

果たしてコインベースは上場プロセスを変更させるのでしょうか。

今後も米最大級取引所の動向に注目していきたいですね!

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  

   

関連記事