ビットコイン、2018年中に2万ドルの大台を突破か

昨年と比較して、2018年は大幅な下落傾向にある仮想通貨の王様、ビットコイン。

現在は6000ドル(約66万円)付近で推移している同通貨だが、ここに来て、急展開を予測する有力な意見が飛び出した。

好材料は2つ!ビットコインが2018年末に爆上げするシナリオとは

今回、ビットコインの再浮上シナリオを提唱しているのは、かねてから仮想通貨を分析し予想を的中させている事で評判の「Tom Lee(トム・リー」氏だ。

ちょうど一か月前にも同氏は、ビットコインの価格が年内中に2万ドルを超えると発言し、相場に大きな影響を与えた。

そんな彼が、今回再び同通貨の値上がりを強調するのには、2つの理由がある。

1つは、仮想通貨市場全体のインフラ環境改善によるものだ。

同氏の主張では、ここ数か月で仮想通貨市場のインフラが急速に整い始めており、実際に利用を受け付ける店舗等が増加している事が、追い風になっているという。

また、それに伴っていわゆる大口の出資元にあたる「機関投資家」のFOMO(投資機会逸失を恐れる心理)が低減し、今後より活発に投資を図るのではないかと踏んでいる。

つまり、外部的な要因である各種インフラが整備されだした事で、投資家たちの行動にも積極性が芽生え、仮想通貨市場全体が好転するのではないかという筋書きだ。

上記の青写真を描いた上で、Lee氏の主張は一貫している。

以前の発言(以下動画)からぶれる事なく、引き続き年末までに「2万ドル(約210万円)」の大台を突破するのではないかと主張を継続中だ。

果たして今回の発表が、市場に更なる影響を及ぼすのか。激変する相場に、世間の注目が集まる。

原典:Tom Lee: Bitcoin Price Starting to Reverse, 2 Catalysts Will Drive it Higher in 2018

ここまでの内容と考察

時価総額ランキング不動の1位であるビットコインが、年内残り2~3か月の内に急騰し、昨年末を上回る価格(2万ドル超)を記録するシナリオを予測する声が挙がっているという、今回のニュース。

直近ではXRP(リップル)が100%超の高騰を果たすなど、久々に昨年を彷彿とさせるような値上がりを見せた、仮想通貨市場。

当然、王者ビットコインに期待する声は多く、投資家たちの間でも様々な声が聞こえてきます。

果たして本当にLee氏が提唱する通り、2018年末もビットコインは急騰を見せるのでしょうか。

同通貨の将来的な値動き、ひいては仮想通貨市場全体の変遷から目が離せません!

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  

   

関連記事