ビットコイン版国際決済企業、Google等から2500万ドル超を調達

ビットコイン版国際決済企業、Google等から2500万ドル超を調達

仮想通貨の王様として名高い、ビットコイン。

もともとは送金等の業務に活かされる目的で創られた同通貨は現在、予想以上の高騰を記録した結果、本来的な用途で使用される事が少なくなってきた。

そんなビットコインに目を付け、再び日の目を見せるべく、同通貨を使用したクロスボーダー(国際)決済システムの構築に取り組む新興企業が現れた。

過去1年間で収益4倍!?ゴールドマンサックスやGoogleもラウンド参加したスタートアップとは

今回上記のような実績を引っ提げ、世間の注目を集めているのは、米サンフランシスコに拠点を構える仮想通貨ベンチャー「Veem」だ。

現在同社は、8万社を超える企業と提携を果たし、顧客と会社の中間的存在として、「銀行」に代わる働きを見せている。

様々ある強みの中でも、特筆すべきはやはり、そのサービス内容と収益率の高さだ。

具体的なサービス内容に関しては、ビットコインを実際に所有せずとも、同通貨の根幹技術であるブロックチェーン等を利用し、国際決済を完了させるといったもの。

この画期的なアイデアが奏功し、過去1年間と比較して、現在約4倍もの利益を生み出している。

また、利益の肝となりうる投資ラウンドにおいては、直近の広告規制緩和が話題を呼んだGoogle(ファンド)や、ゴールドマンサックスグループ等から累計2500万ドル(約28億円)超を集めており、まさに飛ぶ鳥を落とす勢いで勢力を拡大中だ。

そんなVeem社に関して、Googleファンドの幹部は、

「Veemのサービスはまさに画期的で、これまでに無い利点を持ちあわせたものだ。今後の活躍次第では、ビットコイン関連のスタートアップにおいて、最も早くIPO(上場)する可能性が高いだろう。」

と、同社の今後に期待を寄せるコメントを残している。

原典:Google-Backed Fintech Startup Uses Bitcoin for Cross-Border Settlement

ここまでの内容と考察

ビットコインを使用したクロスボーダー取引サービスを武器に、ゴールドマンサックスやGoogleといった名だたるファンドから大型の資金調達を完了させた「Veem社」に関する、今回のニュース。

仮想通貨を利用した決済と言えばやはりXRP(リップル)が断トツ有名かつ人気で、ビットコインはむしろ落ち目とまで言われてきている今日この頃。

こうした時代背景においても、あくまで元祖仮想通貨を推進する姿勢には、個人的に何か感慨深い気もしてきます。

実際にこうした「決済」に関する動向に関し、国内ユーザーたちも以下の通り前向きな反応を示しています。

果たして今後、ビットコインやリップルを始めとする仮想通貨で、本当に決済業務は大変貌を遂げていくのでしょうか。

両通貨はもちろんのこと、それらを取り巻く仮想通貨市場全体の動向からも目が離せませんね!

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  

   

関連記事