世界初!ブロックチェーン技術搭載スマホが10月より日本発売へ

世界初!ブロックチェーン技術搭載スマホが10月より日本発売へ

ついに、ブロックチェーン技術を生かしたスマートフォンが市場に現れる瞬間がやってきた。

先日、イスラエルに拠点を構えるIT企業のSirin Labs(シリン・ラブズ)社が、史上初のスマートフォン「FINNY(フィニー)」を発売すると正式に発表した。

同社が現在開発中のフィニーには、何と最新のブロックチェーン機能が搭載されているといい、昨今の仮想通貨市場に合わせた様々な工夫が施されているという。

最初に進出・販売する国は、アメリカ・イギリス・韓国・ベトナム・日本の計5ヶ国を予定しているといい、今年の10月から順次販売を開始する予定だ。

上記5ヶ国を選定した理由は、それぞれの国にいわゆる「アーリーアダプター」と呼ばれる、流行に先駆ける人々が多く存在するからであるという。

アーリーアダプターにフィニーの宣伝をしてもらう事で、その後更なる拠点拡大を図っていこうという狙いだ。

気になるフィニーの価格は約1000ドル(約11万円)を予定しており、iPhoneをはじめとするスマホの相場から考えれば高すぎる事はないだろう。

フィニー最大の特徴としては、アンドロイドをベースとしたOSを基調としており、セキュリティ対策等は万全の仕上げとなっている点が挙げられる。

今回、フィニー販売開始の発表に際して、同社代表のMoshe Hogeg氏は、

「フィニーを利用する事で、ユーザーは手軽かつ快適に仮想通貨のやり取りが可能となる。

これまで問題視されてきたセキュリティ面等の対策も十分にしているため、まさに高い利便性と安全性を兼ね備えた作品に仕上がっている。」

と、自信たっぷりのコメントを寄せている。

果たしてフィニーは、本当に世界を一変させる作品となりえるのか。

我々の生活に、フィニーが欠かせない存在となりえるのか。

10月の正式発売に向け、世界中の人々の注目・関心が寄せられる。

ここまでの内容と考察

これまで噂レベルでは囁かれていたブロックチェーン技術搭載のスマートフォンが、ついに現実の物となる瞬間がやって来ました。

今回世界初のスマホをリリースするシリン・ラブズ社といえば、昨年末、当時世界第4位の大型資金調達をICOで行った事で有名となっていましたね。

それからわずか4ヶ月程度での今回の正式販売発表とは、かなりのスピード感で動いている事が伺えます。

彼らの作品(フィニー)は、はたして世界にどのような影響を与えるのでしょうか。

兎にも角にも、今は10月の販売が待ちきれません!
 







  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  

   

関連記事

10倍以上の高騰が見込める仮想通貨を配信仮想通貨を配信