リップルがついに国際送金テストを実施!時間やコストの大幅削減成功か

リップルが国際決済で大抜擢!時間、コスト大幅削減へ

ここ最近リップルが持つ国際送金システムを活用する金融機関が増えてきた。

そんなリップルがついに、アメリカーメキシコ間で行われた送金テストを行ったという。

今回のテストではリップルの「xRapidプラットフォーム」を活用した金融機関とともに行い、国際送金における費用を40~70%削減することに成功した。

さらに平均2~3日掛かっていた時間を、取引完了まで2分まで短縮したという。

これらのメリットをもたらした革新的な「xRapid」は、金融機関の国境を超えた銀行取引を円滑にするために作られたツールで、ブロックチェーンによるリアルタイム決済システムのソリューションである。

このようなプラットフォームを提供するリップルは現在時価総額第3位の通貨で、システム、知名度共に非常に注目を集めている。

従来の送金システムでは、銀行が銀行勘定に資金を預けるか、高い手数料の掛かる銀行のネットワークを使用しなければいけなかった。

しかし先ほどお伝えした通り、リップルの送金システムを使用するとコストを30~70%削減が可能に。

そして2~3日かかっていた所を2分まで短縮する事が可能になっている。

また今年の4月にスペインに本拠地を置くサンタデール銀行は、リップルの決済技術を使用。

世界で初めてブロックチェーンを活用した「顧客対応の国際決済ネットワーク」を実現したのだ。

その波に乗るように今週、JPモルガンは銀行間決済やブロックチェーン技術を使用するP2Pネットワークのための社内特許を提出。

銀行や金融機関は仮想通貨へ熱い視線を送っている。

原典:「Ripple Cross-Border Payments Pilot: Financial Institutions Report Significant Time, Cost Savings

ここまでの内容と考察

現在仮想通貨は、投機的な面で注目が集まっていますが、国際送金や決済手段として非常に素晴らしい側面を持ち合わせています。

一方で、上記でもありましたが現在国際送金するのに時間とコストで問題を抱えており、短時間で簡単にはできません。

そんなときに仮想通貨を使用すれば、あっという間に送金が完了しますね。

インターネットで国境の壁が崩れた今、仮想通貨やリップルがお金における国境を壁を壊そうとしています。

今後どのように銀行と仮想通貨が関わっていくのか注目です!
 


毎日配信!仮想通貨に関する優良情報をメールでお届け!!

当無料コラムでは様々な独自情報を配信しており、価格の上昇が期待できるコインの情報も配信しています。

過去に配信したOmiseGOPOLYMATHといったICOやコインは、高い確率で価格が上昇しています!

ちなみにOmiseGOに至っては、なんと最高値で42倍まで上昇しました。

仮想通貨ニュース.comで配信する無料コラムでは、編集部が様々なネットワークから得るマル秘情報を配信しておりますので是非ご登録してみてはいかがでしょうか?

お名前  *
メールアドレス  *
お名前  *
メールアドレス  *


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  

   

関連記事