仮想通貨・ブロックチェーン事業に参入か?gumiが投資ファンドを設立

仮想通貨・ブロックチェーン事業に参入か?gumiが投資ファンドを設立

スマートフォンゲームの開発を行う「gumi」は5月30日、仮想通貨及びブロックチェーン事業向けの投資ファンド「gumi Cryptos」を設立すると発表した。

gumi Cryotosは、米国の仮想通貨取引所「Evercoin」の創業者であるMiko Matsumura(ミコ・マツムラ)氏を共同事業者に迎え入れ、仮想通貨向けの事業を展開するベンチャーに出資する。

また、投資ファンドの規模は約30億円になるという。

では、仮想通貨やブロックチェーンに投資する目的はなんだろうか。

gumiはこれまで、モバイル動画やVRといった分野の投資を積極的に行っており、新しいサービスを次々に誕生させた。

gumiは、投資を通じて得た成功経験や失敗経験を共有し、新たな知見を得るという。

そこで得た知見は、自社開発のプロダクトに活かす狙いがある。

このようにgumiはスタートアップの投資によって、自社の事業を拡大させてきた。

そしてgumiが、次に目を向けたのが仮想通貨とブロックチェーンだ。

gumi代表取締役の国光宏尚は、

「この分野でも同じく、ブロックチェーンならではのモノとは何かを検証していく。

これまで、インターネット上のデータはコピーされてしまうものなので、価値を持たなかった。

でも、ブロックチェーンによってゲーム内のデータがコピーされず、ユニークなものとなり、資産性を持つという世界になるのかもしれない。」

と述べている。

ブロックチェーンによってインターネット上の複製が無くなり、データが本来の価値を取り戻すことができる。

gumiはすでにブロックチェーンを活用した自社製品の開発に着手しているという。

gumiの投資ファンドによって、どのような製品やサービスが誕生するのか期待が集まる。

ここまでの内容と考察

gumiの投資ファンドによってどんなサービスや製品が誕生するのか気にありますね。

先程インターネット上のデータがブロックチェーンによってコピーできなくなると、データ本来の価値を取り戻すと述べました。

これは音楽や動画にも言えることで、違法アップロードの減少につながることでしょう。

現にエイベックスが仮想通貨の参入を検討していることから、ブロックチェーンの有用性は、決算能力だけにとどまらにと考えています。

ブロックチェーンによって、インターネット上にあるデータが本来の価値を取り戻す日は近いのかもしれません。
 


毎日配信!仮想通貨に関する優良情報をメールでお届け!!

当無料コラムでは様々な独自情報を配信しており、価格の上昇が期待できるコインの情報も配信しています。

過去に配信したOmiseGOPOLYMATHといったICOやコインは、高い確率で価格が上昇しています!

ちなみにOmiseGOに至っては、なんと最高値で42倍まで上昇しました。

仮想通貨ニュース.comで配信する無料コラムでは、編集部が様々なネットワークから得るマル秘情報を配信しておりますので是非ご登録してみてはいかがでしょうか?

お名前  *
メールアドレス  *
お名前  *
メールアドレス  *


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  

   

関連記事