「ビットコインに将来はない」元NSAの内部告発者が語る匿名通貨の将来性

「ビットコインに将来はない」元NSAの内部告発者が語る匿名通貨の将来性

アメリカ国家安全保障局(NSA)の内部告発者であるEdward Snowden(エドワード・スノーデン)氏によると、Bitcoin(ビットコイン)に将来性はなく、今後はプライバシー保護に長けた匿名通貨に期待がもてるそうだ。

NSAの監視プログラムを暴くなど世界中の政府の違法・違憲な情報収集行為に立ち向かうプライバシー擁護者のSnowden氏。

その貢献がノルウェーの環境大臣に認められ、「ノーベル平和賞候補」に推薦されたこともある。

そんなシステム分析や個人情報処理のエキスパートであるSnowden氏によると、ビットコインの一番の問題は拡張性や送金時間・手数料ではなく、プライバシーが欠如しているということだそうだ。

「送金スピードがよくビットコインの中心的な欠陥とされているが、 長い目で見ても一番問題なことは、公的台帳技術を使うというビットコインの構造的問題。」

公的台帳技術では、誰でも取引履歴を閲覧することができる。

これにより、ユーザーの個人情報を守ることができず、それを悪用する企業や団体が出没するが危惧されるとのこと。

「このような仕組みは永続的に機能しない。誰でもビットコインを使う人全員の取引履歴を簡単に閲覧できることは好ましくない。

また、法定通貨にはない仮想通貨独特のファンジビリティー(代替可能性)の問題もある。

そういった点を踏まえると、ビットコインは長く続かないだろう」

Snowden氏は、NSAが2013年からビットコイン使用者の取引を監視していると示唆した。

「Bitcoinは仮想通貨として重要な役割を果たしており、今後も価値はあるだろう。しかし、開発チームや彼らの進行を考えると現状を改善しない限り、今後は仮想通貨業界で競争できないだろう」

と彼は続けた。

ちなみにSnowden氏は、Zcash(ジー・キャッシュ)のようなプライバシー保護に長けているの匿名通貨に最も関心があると話している。

「私にとって興味深い仮想通貨は、Zcashなどの匿名通貨。特にZcashはプライバシー保護の機能がとても独特。その技術を応用するを前向きに検討しているプロジェクトも増加している」

Snowden氏は、Monero(モネロ)やその他の匿名通貨のテストを行っており、その中でもZcashは学会からの暗号学者によって開発されたため、信用できると期待を膨らませた。

原典:「‘I Don’t Think Bitcoin Will Last Forever’: NSA Whistleblower Edward Snowden

ここまでの内容と考察

プライバシー保護のために世界の第一線で政府機関の違法な情報収集に長年立ち向かっているSnowden氏。

彼のBitcoinにおけるプライバシーの問題には重みがあります。

仮想通貨におけるプライバシー保護の問題は去年から大きな話題となっており、2018年は「匿名通貨の年」と言われているほどです。

先週コインチェックが匿名通貨の売買のサービスを停止しましたが、匿名通貨を使うユーザーがいなくなることはないでしょう。

今後も仮想通貨におけるプライバシーに注目が集まりますね!

▼関連記事▼
仮想通貨の被害総額は6億6000万円以上?セキュリティの甘さが如実に

BinanceのCEOが反論ツイート!「金融庁からの命令は受けていない」



毎日配信!仮想通貨に関する優良情報をメールでお届け!!

仮想通貨ニュース.com編集部が、ニュースの一歩先を行く独自情報を毎日配信!

将来性の高い仮想通貨やトークン価格上昇の仕組みなど内容は様々。

特に億り人を目指す仮想通貨投資家やブロックチェーン技術をもっと詳しく知りたい方におすすめです。

下のフォームから無料登録することができます!

ニックネーム  *
メールアドレス  *
お名前  *
メールアドレス  *


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  

   

関連記事