ファクトム(Factom)の仕組みや特徴を大解説

ファクトム(Factom)の仕組みや特徴

データ管理に特化した仮想通貨とは?

今回は不動産業界や医療業界から高い評価を得ている仮想通貨「ファクトム(Factom)」について見ていきましょう。

「ファクトムってそもそもどんな仮想通貨なのかな…」

「どんな特徴を持っているの?」

既に実用化されているファクトムはそのユニークな特徴で様々な業界から注目を集めており、今後大きく成長してくるだろうと言われています。不動産業界や医療業界、さらには多くの企業といったあらゆる場面において有効なファクトム。

今回はそんなファクトムの基本的な仕組みや特徴、そしてファクトムの将来性について見ていこうと思います。

記事の最後にファクトムが購入できる取引所やおすすめウォレットに関してもまとめているので、興味がある方はチェックしてみて下さい!

そもそもファクトム(Factom)ってどんな仮想通貨なの?

2015年に誕生したファクトム(Factom)は、実は仮想通貨の名称ではなくプラットフォームの名称です。このプラットフォームの中で利用されている仮想通貨を「Factoid(ファクトイド)」と言い、今ではFactoidよりファクトムが一般的となっています。

そんなファクトムは、ビットコインにはない特徴を持つ第2世代の仮想通貨である「仮想通貨2.0(ビットコイン2.0)」と言われています。

基本的なブロックチェーンを仕組みとしているビットコインは「通貨としての価値」を持つ第1世代目の仮想通貨だと言われています。

一方仮想通貨2.0というのは「通貨としての価値+付加価値」を持つ第2世代目の仮想通貨のことを言い、ユニークな特徴を持つファクトムは仮想通貨2.0の代表的な通貨だと言われています。

ではそのファクトムが持つユニークとは一体何なのでしょうか?

分散して記録できるファクトムの特徴

Factomの特徴

ファクトムは元々ブロックチェーン上に証明書類や電子記録、ログといった記録を残すために生まれた仮想通貨で、ブロックチェーンを使用しているため改ざんができず、セキュリティも高いと注目を浴びています。

ファクトムが誕生したことによって証明書の発行や閲覧に第三者が不要になり、それによって手数料も大幅に削減することができるようになりました。

例えば不動産情報を確認したい場合、現在は法務局において土地の登記簿をする必要がありますよね。しかしファクトムのシステムを導入すれば、法務局へ行かずとも不動産会社のパソコンからでも登記簿が引き出せるようになるのです。

さらにこの登記データはブロックチェーン上に記録として残されているため、登記情報が誤って消滅してしまうような心配もなくなります。

こうしたファクトムの特徴は紹介した不動産業界だけでなく、一般企業や医療業界などの様々な分野へ応用されていくことが期待されています。

注目度の高い「Factom Harmony」とは?

「Factom Harmony(ファクトムハーモニー)」とは、2017年3月に住宅ローンの分野において新しく始まったサービスになります。

住宅ローンパッケージとして機能するFactom Harmonyは、契約書やコンプライアンスのデータといった住宅ローンに関わる全ての情報を一括でブロックチェーン上に保存してくれます。

これによって交わした契約内容や書類を半永久的に保存できるようになりました。ファクトムは不正や改ざんにも強いブロックチェーンを利用しているので、今後ファクトムが普及してくればFactom Harmonyが一般的になってくるかもしれませんね。

チャートや価格からみるFactomの今後

ここまでファクトムの基本情報や特徴を見てきました。次にファクトムのチャートや価格推移について見ていこうと思います。

現在時価総額32位のファクトムは、1FCT=17ドル(約1,900円)前後を推移しています。

出典:Crypto Currency Market Capitalizations

 

発行が開始された2015年は1FCT=0.1ドル(約12円)前後だったファクトムは2017年5月から急上昇を始め、一時1FCT=33ドル(約3,600円)に到達しました。

一旦上昇した価格は仮想通貨市場全体の冷え込みと同時に下落を始めました。ファクトムもその冷え込みによって一時下落しましたが、ファクトムは将来的に大きく上がってくるのでは?と言われています。

それはファクトムが数多くのベンチャーキャピタルから出資を受けているからです。

「Draper Associates」や「Fenbushi Investment Fund」、「Propertyinfo Corporation」といった10社以上の企業から出資を受け、日本円にして約8億円以上の資金が集まったと言います。

これはファクトムが持つ可能性や、社会的に必要になる仕組みが備わっているという点が評価された結果だと言えます。また最近ではウォール街の企業との提携が決定したらしく、今後もさらに成長していくだろうと言われています。

どんな人と相性が良いコインなの?

では実際にファクトムはどういった方におすすめなのでしょうか?

ファクトムの特徴や仕組みを考えると「個人情報の安全性を重視する方」と「今後大きく成長していく仮想通貨をお探しの方」に向いているかなと思います。

個人情報の安全性を重視する方

ファクトムはビジネス向けに開発された仮想通貨ですので、セキュリティは他の仮想通貨よりも強いと言われています。また、ブロックチェーンも利用しているので不正・改ざんに対するセキュリティもバッチリですね。

このような理由からファクトムは個人情報の流出を防ぎたい方におすすめといえます。

大きな成長を期待する方

先ほども述べましたように、ファクトムは多くのベンチャーキャピタルや個人投資家から莫大な融資を受けています。

これは単純にファクトムへの期待感とも言えます。それだけファクトムの実用性や将来性は高いと言えますので、将来成長してくる仮想通貨をお探しの方にピッタリではないでしょうか?

Factomを扱っている取引所やおすすめウォレットを大公開

Factomを取り扱っている取引所は?

今回は様々な分野から期待されているファクトムの仕組みや将来性について見てきました。

では実際にファクトムを購入するにはどうすればいいでしょうか?また購入した通貨はどのように保管すればよいでしょうか?

最後に具体的な購入方法や保管方法について見ていきましょう!

ファクトムを購入できるのは「coincheck」

ファクトムを購入できるのは、現在coincheckのみとなっています。

ファクトムを含めて9種類もの仮想通貨を扱っているcoincheckは利用者も多く、人気がある取引所です。

ここでは、ファクトムが購入できるcoincheckの登録方法と購入方法を見ていこうと思います。

1. Coincheckのホームページでメールアドレスを入力し、「アカウント作成」をクリック

2. その後届くメールのURLをクリックして仮登録を完了させ、電話番号認証を行う

3. 本人登録と確認書類(写真付き身分証明書と自分が写っている写真)をアップロード

最後のアップロードが終わると一旦承認待ち状態になりますが、この承認が通れば登録が完了します。

では次に実際の購入方法を見ていこうと思います。

ファクトムの購入方法

coincheckの登録が済んだら、次は実際に購入してみましょう。

1. トップページ左側の「コインを購入」をクリックする

2. ファクトムを選択し、そして買いたい数量(FCT)を入力して「購入する」をクリック

このように、coincheckでの購入は非常に簡単です。たったの2ステップを踏むだけですので誰でも簡単にファクトムを購入できますね。

購入後保管できるウォレットとは?

現在ファクトムを保管できるウォレットは非常に少なく、coincheckでそのまま保管するのも1つの手です。
しかし取引所ではなくて、しっかりウォレットでファクトムを保管したいというあなたは、「Jaxx(ジャックス)」というウォレットがおすすめです。

Jaxxは50種類以上もの仮想通貨に対応しているクライアントウォレットで、利用者も多い人気のウォレットです。

Jaxxは海外のウォレットですのでサイト自体は英語ですが、ファクトム以外の仮想通貨も管理できるので非常に便利だと言えますね。

ウォレットの基本やおすすめウォレットタイプについて知りたい方はこちら

いかがでしょうか?

ファクトムは今後いろいろな場面で利用される可能性を秘めており、将来性が高いシステムとなっています。今後の価格上昇や発展を期待し、ぜひファクトムを保有してみてください!!


毎日配信!仮想通貨に関する優良情報をメールでお届け!!

当無料コラムでは様々な独自情報を配信しており、価格の上昇が期待できるコインの情報も配信しています。

過去に配信したOmiseGOPOLYMATHといったICOやコインは、高い確率で価格が上昇しています!

ちなみにOmiseGOに至っては、なんと最高値で42倍まで上昇しました。

仮想通貨ニュース.comで配信する無料コラムでは、編集部が様々なネットワークから得るマル秘情報を配信しておりますので是非ご登録してみてはいかがでしょうか?

お名前  *
メールアドレス  *
お名前  *
メールアドレス  *


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  

   

関連記事