Zaif(ザイフ)がクレジットカードでの仮想通貨購入を停止する!

2月9日、テックビューロ株式会社が運営する仮想通貨取引所Zaif(ザイフ)がクレジットカード入金による仮想通貨購入の停止を発表した。

公式サイトニュース記事によると、

「クレジットカード会社からの要請があり、2018年2月9日(金)17:00から、クレジットカードでの仮想通貨購入の停止が必要となりました。」

「ご利用のお客様にはご不便をおかけいたしますが、何卒ご理解いただきますようお願い申し上げます。」

とのこと。

Zaifでは日本国内発行のクレジットカード(VISAおよびMASTER)を使用することができ、BTC(ビットコイン)およびMONA(モナコイン)をクレジットカード決済することができた。

現在のところ、Zaifでのクレジットカード送金の再開予定はない

現在、ほかのbitFler(ビットフライヤー)などほかの日本の仮想通貨交換所でのクレジットカード送金は通常に行われている模様。

アメリカでは、JPMorgan(ジェーピー・モルガン)やBankofAmerica(バンク・オブ・アメリカ)などの大手金融機関が、クレジットカードによる仮想通貨の取引を既に禁止している。

ここまでの内容と考察

Zaifでのクレジットカード送金が停止されました。

アメリカでは大手金融機関がクレジットカードによる仮想通貨の購入を、今月の初めに停止しています。

また、世界最大の仮想通貨取引所Coinbase(コインベース)ではクレジットカード払いによる手数料が高すぎると問題になっています。

他の日本の仮想通貨取引所のクレジットカード送金に注意をしたいところです。

今後もクレジットカード会社の仮想通貨に対する姿勢に注目が集まりますね。







  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  

   

関連記事

10倍以上の高騰が見込める仮想通貨を配信仮想通貨を配信