Facebookに続き、Googleも仮想通貨に関連する広告を禁止へ!

Googleは仮想通貨関連の広告に関する新たな改革を発表した。

来たる2018年6月より、Googleは新たな金融サービスに関するポリシーの一部として、ICOを含めた仮想通貨に関するオンライン広告を禁止するという。

そのポリシーの一部には、以下のように記載されている。

「仮想通貨の中でも、ICOや取引所・ウォレット、また取引助言を禁止する方針だが、これにとどまるわけではない」

さらにGoogle広告を使用するアフィリエイトは、仮想通貨に関する内容を含むことが出来なくなることも発表された。

それはつまり、Googleが自社および他のウェブサイト上での仮想通貨関連の広告を無効にする、ということである。

このような仮想通貨に関する詐欺を禁止する動きは、仮想通貨サービスを提供する正当な企業にさえも影響を及ぼすであろう。

Googleの広告ディレクタ―であるScott Spencer(スコット・スペンサー)氏は、この動きが消費者を守るための措置だと説明。

「仮想通貨による将来がどのようなものかを知る術はないが、消費者に被害が及ぶ可能性は十分高いと判断した」

上記のポリシー変更は、Googleの広告ポリシーを違反したとして32億以上の広告が削除されたことを指摘するレポートに沿っている。

この中で、Googleは9万のウェブサイトと70万のアプリをブラックリスト化したとも述べている。

以上のICOをはじめとするオンライン広告を禁止するGoogleの動きは、1月に既に手を打ったFacebookに続くものである。

Facebookは、ICOなどを宣伝する企業が消費者を欺くような行為を非難しており、Instagramのようなプラットフォームでも同様の手を打っている。

原典:「Google is Banning All Cryptocurrency, ICO Advertisements from June

これまでの内容と考察

今回は、GoogleがICOをはじめとする仮想通貨関連の広告を禁止したことについてでした。

この発表を受けて仮想通貨市場は二桁台の価格下落を記録していますが、これは過剰な反応。

というのも今回のGoogleの動きは、1月にFacebookが同様の措置をとった時点で既に予想が出来ました。世界中で横行するICO詐欺から投資家を保護する動きは今後も加速するでしょう。

ただそれでもICOは、株式におけるIPOと同等のものであり、優良な案件は確かに存在します。そのようなコインの選び方については、以下の記事でまとめていますのでぜひ一度見てみると良いでしょう!

>> 必見!ICOの正しい選び方とは?







  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  

   

関連記事

10倍以上の高騰が見込める仮想通貨を配信仮想通貨を配信