SBIの仮想通貨取引所「VCTRADE」が本日よりBTCの取扱いを開始へ

SBIの仮想通貨取引所「VCTRADE」が本日よりBTCの取扱いを開始へ

仮想通貨業界において、また新たな躍動の軌跡が、ここに刻まれんとしている。

大手金融グループSBIの子会社が運営する仮想通貨取引所「VCTRADE」は、ついに本日18日から、ビットコイン(BTC)の取扱いを開始する事を発表した。

これで、同取引所が現物取引で扱う通貨の銘柄は、「リップル(XRP)・ビットコインキャッシュ(BCH)」を含む計3種となった。

そもそも今回話題となっているVCTRADEとは、先日開設されたばかりのSBI管轄の取引所で、業界最安値の取引手数料を特徴としている。

一方、そんな特徴と引き換えに取扱う通貨の銘柄数を絞る事も同時に宣言しており、創設直後に取引できる通貨は「リップルのみ」という状態であった。

しかしその後、順次取扱い銘柄数を増やし、約半月ほどで今回の3種という数字まで引き上げ。まさに急ピッチで成長を遂げて来た経緯があるのだ。

そんな同社は今後、イーサリアム(ETH)の取扱いも視野に入れていると既に先日の決算説明会で明言しており、実現すれば代表的な銘柄4種が揃う事となる。

直近の詳細は未定だが、これまでのペースを踏まえると、同通貨が導入される日も、そう遠くはないだろう。

今後の同取引所の動向、それに伴う仮想通貨市場全体の潮目の変化に注目が集まる。

ここまでの内容と考察

大手金融グループSBIが管轄する仮想通貨取引所のVCTRADEが、本日より新たにビットコインの取扱いも開始したという、今回のニュース。

VCTRADEといえば本文中にもある通り、既に決算発表の時点で代表銘柄4種の取扱いを公言しており、その実現スピードはさすがの速さと言えます。

今後最後のピースであるイーサリアムも無事導入されれば、更に熱い戦いが仮想通貨市場にて繰り広げられる事になるでしょう。

果たしてどの取引所が覇権を握る事ができるのか、その勢力争いからますます目が離せませんね!

 



毎日配信!仮想通貨に関する優良情報をメールでお届け!!

仮想通貨ニュース.com編集部が、ニュースの一歩先を行く独自情報を毎日配信!

将来性の高い仮想通貨やトークン価格上昇の仕組みなど内容は様々。

特に億り人を目指す仮想通貨投資家やブロックチェーン技術をもっと詳しく知りたい方におすすめです。

下のフォームから無料登録することができます!

ニックネーム  *
メールアドレス  *
お名前  *
メールアドレス  *


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  

   

関連記事