米フィンテック企業CEO、ビットコインはまだ「デジタルゴールド」ではない

10年に渡る歴史の中で、マネーロンダの手段から、歴史上初の分散型「グローバル通貨」など、様々な呼ばれ方をされてきた、ビットコイン。

時代の変化やテクノロジーの進歩により、その定義は幾度も変更されているが、ビットコインが価値を保存するための「デジタルゴールド(金)」だと信じ続けている人は現在でも多い。

そんな中、仮想通貨のOTC(店頭取引)を行う企業のCEOであるMichael Moro(マイケル・モロ)氏が、CNBCのインタビューでビットコインの「ユースケース」と今後の「市場の推移」について言及した。

ビットコインを「価値の保存」のために、本当に使用できる?

「ビットコインは、デジタルゴールドになれる可能性がある」

前述のように語るのは、機関投資家向けの仮想通貨OTCを行うフィンテック企業「ジェネシス・グローバル・トレーディング/キャピタル」のCEO、モロ氏。

同氏によると、ビットコインが価値の保存としてのユースケースを模索できる1つの理由は、ビットコイン相場と株式市場を始めとする従来の市場に「相関性がない」からだそうだ。

しかし、

「投資家は、ビットコインがデジタル・ゴールドであると信じているように思えるが、ビットコインはその役割を証明しなければならない」

と現段階におけるこのようなビットコインのユースケースの正当性を主張しなかった。

BTC価格10,000ドルは確実!?

ビットコインのショートポジションの増加が「弱気市場」を蔓延らせているという見解がある中、モロ氏は自社デジタル資産貸付プラットフォームで集められた情報に基づき、それに反論した。

それというのも、ジェネシス・グローバル・キャピタルが貸し付けている1億3000万ドル(約150億円)分のローンの内、約3分の1しかショートポジションに使用されていないという。

そのため、ビットコインに悲観的なトレーダーや機関投資家ではなく、いわゆる「ホドラー(仮想通貨を長期的に保有する人)」が仮想通貨を売却していると、同氏は結論付けた。

また、インタビューの締めくくりとして、今後のビットコイン価格の予測に関して、同氏は、

「BTC価格が5,000ドルまで下落するより、10,000ドルへ上昇する可能性が高いと以前と言ったが、これまでのところ私は間違っていない」

とアピールし、タイミングは判然としないとした上で、BTC価格が1万ドルに達するという強気姿勢を再度見せた。

ビットコインの利便性を向上させるために開発が着々と進められている中、市場の風向きも少しずつ変わりつつあるようだ。

原典:Prominent CEO: Bitcoin Isn’t Digital Gold Yet, But $10,000 Is Still Possible

ここまでの内容と考察

ビットコインの「価値の保存」としてのユースケースや近い将来のBTC価格についてジェネシス・グローバル・トレーディング社のCEOが言及したという、今回のニュース。

金融業界での経験が長く、仮想通貨市場にも直接的に関わっているモロ氏の発言なだけに、大きな注目を集めていますね。

特に、ショートポジションが増加したのではなく、投資家が単純に仮想通貨を売却しているという発言は興味深いですね。

ちなみにですが、ヘッジファンドの主導者として有名なマイク・ノボグラッツ氏は、BTC価格が年内に9000ドルに達しないと発言しています。

憶測が憶測を呼んでいる2018年のビットコイン市場の推移ですが、後数か月に迫った今年の年末では、どのような動きを見せるのでしょうか。

今後も仮想通貨専門家の発言や価格予想に注目していきたいですね。

 



毎日配信!仮想通貨に関する優良情報をメールでお届け!!

仮想通貨ニュース.com編集部が、ニュースの一歩先を行く独自情報を毎日配信!

将来性の高い仮想通貨やトークン価格上昇の仕組みなど内容は様々。

特に億り人を目指す仮想通貨投資家やブロックチェーン技術をもっと詳しく知りたい方におすすめです。

下のフォームから無料登録することができます!

ニックネーム  *
メールアドレス  *
お名前  *
メールアドレス  *


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  

   

関連記事