Facebookが取引所設立へ?コインベースの取締役が辞任

先日10日、仮想通貨取引所コインベースの取締役を務めるDavid Marcus(デイビッド・マーカス)氏が、同社を辞任する事を発表した。

辞任の理由はFacebookでブロックチェーン事業に集中するためだとされており、この事から一部ではFacebookが独自の取引所を設立するのでは?という見解も出ている。

報道によれば、マーカス氏は

「Facebookの中で進んでいるブロックチェーン関連の新たなグループへの関与のため」

とコメントしていたそうで、さらに別の発表では、

「利益相反を避けるため」

が大きな理由でもあるという。

そんなマーカス氏は、Facebookのメッセンジャー統括を経て、昨年12月にコインベースの取締役に就任。

コインベースのCEOであるブライアンアームストロング氏は、

「マーカス氏が持つ決済とモバイル領域の両方における知識が非常に重要になる」

と賞賛していた。

今回の一連の報道をうけ、米CNBCの番組「クリプトレーダー」で司会を務めるRan Neuner(ラン・ニューナー)氏は、マーカス氏がコインベースを去る理由について4つの予想をした。

上記の4つとは、

・Facebookが取引所を設立する
・Facebookが仮想通貨のマイクロペイメントプラットフォームを構築している
・コインベースの買収を考えている
・Facebookが自社ウォレットを作成している

またニューナー氏は、メッセージアプリWhat’s App とFacebookで利用できる仮想通貨ウォレットを作成するのは非常に簡単だろうとも考察している。

そして、もしこれが実現すれば、世界中にいる25億人の利用者を仮想通貨市場に引き込むことが可能なのでは?と指摘したという。

原典:「Facebook’s David Marcus Quits Coinbase to Avoid ‘Appearance’ of Conflict of Interest

ここまでの内容と考察

大手仮想通貨取引所Coinbaseの取締役(マーカス氏)が緊急辞任を発表し、兼任先のFacebookでの活動をメインにする方向で動いている事が発覚したという、今回のニュース。

本文中に記載がある通り、今回の辞任には複数のシナリオが予想されていますが、マーカス氏の影響力の大きさに鑑みるに、いずれも相当なインパクトを市場に与えかねません。

今後どのような動きが起きるのか、今はFacebook社が出す答えを待つ他なさそうです。

はたして本当に世界を一変するようなサービスは打ち出されるのか、今から将来が楽しみですね!

 


毎日配信!仮想通貨に関する優良情報をメールでお届け!!

当無料コラムでは様々な独自情報を配信しており、価格の上昇が期待できるコインの情報も配信しています。

過去に配信したOmiseGOPOLYMATHといったICOやコインは、高い確率で価格が上昇しています!

ちなみにOmiseGOに至っては、なんと最高値で42倍まで上昇しました。

仮想通貨ニュース.comで配信する無料コラムでは、編集部が様々なネットワークから得るマル秘情報を配信しておりますので是非ご登録してみてはいかがでしょうか?

お名前  *
メールアドレス  *
お名前  *
メールアドレス  *


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  

   

関連記事