ユーザー倍増!IPアドレスと広告が表示されないブラウザ

Brave Software(ブレイブ・ソフトウェア)社の発表によると、ウェブブラウザ「Brave」がGoogle Playストアからなんと1,000万回ダウンロードされているそうだ。

ユーザー数はわずか4ヶ月で倍増している。

広告が表示されないブラウザ

5月にGoogle Playストアで500万回ダウンロードを記録したBraveブラウザ。

仮想通貨「BAT(Basic Attention Token)」を搭載するこの広告ブロッキングブラウザは、広告収益、ユーザー行動の追跡、ユーザーデータ販売に依存するインターネットのインフラを改善し、現在一般的な収益モデルを変化させることを目指している。

そんなBraveブラウザが、1000万回ダウンロードされていることがツイッターで明らかになった。

Braveプロジェクトはわずか30秒で3600万ドル(約40億円)の資金調達に成功。

また、Braveブラウザは、ダウジョーンズメディアグループを始めとした知名度が高いメディアと提携しており、驚異的な成長を遂げている。

このブラウザを使用することにより、ユーチューバーなどのコンテンツ制作者に従来の広告ベースの収益モデルよりも多くの収益が上げられるそうだ。

また、ユーザーはBATトークンをマイクロペイメント送金手段として利用し、コンテンツ作成者に報酬を与えることが可能。

一般的なユーザーもプラットフォームを利用するだけで報酬を得られるようになることが予定されている。

そんなBraveブラウザの現状だが、今年7月には300万人の月間アクティブユーザー(MAU)が存在し、2018年末までに500万人のユーザーを獲得することが予測されている。

原典:「Crypto-Funded Brave Browser Hits 10 Million Downloads in Google Play Store

ここまでの内容と考察

デフォルトで広告がブロックされる機能が搭載されているBraveブラウザ。

特に広告ブロックプラグインが少ないスマートフォンではとても便利です。

また、ベータ版ではありますが、VPNで有名なTorが搭載されており、なんと「IPアドレス」を隠すことができるようです。

プライバシー問題が議論される現在、今後はGoolge Chromeに代わるようなブラウザとなるかもしれませんね。

今まで存在しなかった広告関連の収益モデルを可能にするBrave。

課題も多くあると考えられますが、今後はBraveプロジェクトが発行しているBATの普及にも注目していきたいですね。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  

   

関連記事