アメリカと北朝鮮の緊張が高まる中、ビットコインの価格は上昇

アメリカと北朝鮮の緊張が高まる中、ビットコインの価格は上昇

今ニュースでも話題になっているアメリカと北朝鮮の緊張は、ビットコインの価格にも影響している。

アメリカと北朝鮮の緊張は、両国の首脳同士の批判や北朝鮮による核能力の誇示によって、前例のないレベルにまで高まってきている。

先週アメリカの国務長官Rex Tillerson(レックス・ティレルソン氏)は、平壌の北朝鮮主導者たちと直接コミュニケーションをとっており、「平和的解決」を実現しようとしている。

一方でアメリカ大統領Donald Trump(ドナルド・トランプ氏)は、Tillerson氏と北朝鮮指導者:金正日(キムジョンウン)氏のやり取りに対して、

「リトル・ロケットマンとの交渉は時間の無駄だろう。」

と述べている。またTrump氏は自身のTwitterで、今までの前大統領たちが北朝鮮の核対応に失敗してきたと批判し、自分なら失敗しないと述べている。

ビットコインの価格は4,500ドルに向かっている

CCN(CryptoCoinNews)はアメリカと北朝鮮による緊張がビットコインにどう影響するのかという相関関係についてドキュメントにまとめているという。

単純にアメリカ、北朝鮮のどちらかが過激・批判的な発言をした際にビットコインが高騰するというものだが、例えば北朝鮮の外交官がアメリカに対して戦争宣言に近い発言をした際には、260ドル(約28,600円)程度高騰した。

今回もTrump氏の「交渉は時間の無駄だ」という発言によってビットコインの価格は4,470ドル(約491,700円)にまで上昇しており、ビットコインは2~3%ずつ上昇している。

ただビットコインの価格が上昇しているのは、他の要因もある。最近で言えば、日本の「11社の取引所が正式登録された」という発表。

これによってビットコインの価格はやや高騰し、世界の仮想通貨市場においてリーダーといしての地位をさらに強めた。

どんなことがビットコイン価格に直結するのかという厳密な分析は難しいが、多くのアナリストたちは、このアメリカと北朝鮮の緊張によって今後ビットコインが5,000ドル(約550,000円)にまで上昇するのではないか?と予測している。

原典:「Bitcoin Price Trends Up as US-North Korea Tensions Heighten

ここまでの内容と考察

ビットコインが有事の際の資産避難場所となっているのではないかと言われています。

今回も、北朝鮮とアメリカの関係が悪化し、何か大きな問題が起こるのではないかと考えられ、ビットコインなどに資産が移動したと言われているのです。

余談ですが、日本円も安全資産とみられており、有事の際に買われる傾向にあり、今回の北朝鮮ミサイル問題の際にも、円相場は上昇しましたね。

他に、ビットコインが安全資産として考えられ、購入された出来事として、世界的に大きな話題となった2016年6月に発生したイギリスのEU離脱問題です。

このときは、ビットコイン価格が大きな上昇を見せました。これは、イギリスのEU離脱が発生するとヨーロッパ経済にとって大きなマイナスになると予想され、投資家が安全資産であるビットコインなどに資産を逃がしたことで起こったと考えられています。

「世界経済にとってネガティブなニュースが出たときにビットコイン価格が上昇する」

ということを知っておけば、ビットコイン投資をする上での検討材料が一つ増えるのではないでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  

   

関連記事