「我々は完璧でない」、Binance取引所が4銘柄上場廃止

アルトコイン投資家にとって、悲鳴を上げたくなるようなニュースが舞い込んだ。

世界一の取引量を誇る仮想通貨取引所Binance (バイナンス)が、4銘柄の上場廃止を発表した。

今回対象となるのは、以下のアルトコインだ。

Bytecoin (バイトコイン、BCN)
ChatCoin (チャットコイン、CHAT)
Iconomi (イコノミー、ICN)
Triggers (トリガーズ、TRIG)

上場廃止の要因は?

バイナンスは、ユーザー保護を促進するため、各トークンを定期的にレビューする。

基準を下回ったトークンは、さらなる審査対象となり、最終的には上場廃止まで至るそうだ。

バイナンスは以下を考慮した結果、4銘柄の上場廃止まで踏み切ったとしている。

・プロジェクトへのチームのコミットメント

・開発活動の質とレベル

・ネットワーク/スマートな契約安定性

・公的なコミュニケーションと活動のレベル

・定期的な注意業務の対応

・非倫理的/詐欺的な行為の証拠

・健全かつ持続可能なエコシステムへの貢献

前述のトークン取引は、2018年10月12日午前10時(UTC)に中止される予定だ。

尚、これらの出金は、午前10時20分(UTC)まで引き続きサポートされるという。

批判覚悟」で実施された上場廃止に対し、バイナンスのCEOであるChanpeng Zhao(チャンペン・ツァオ)氏は、

「我々のレビュープロセスは完璧でない」

と語り、今後も同取引所が経験から学ぶ姿勢をアピールした。

今回は4銘柄が対象となったが、多数のトークンが上場している同取引所は、これかも上場廃止を進めていくのだろうか。

原典:Binance Will Delist BCN, CHAT, ICN, TRIG

ここまでの内容と考察

バイナンスが一度にBCN、CHAT、ICN、TRIGの上場廃止を思い切るという、今回のニュース。

これらの上場廃止を「同時」に発表したことについて、Zhao氏は以下のようにツイートしています。

「非常に辛い決断だ。毎日1つずつ上場廃止するのではなく、ワンショット(一度)でやる方がましだ」

多くのアルトコインが上場しているバイナンスですが、これからも上場廃止は続くのでしょうか?

バイナンスの「上場審査プロセス」やその後のレビューについて注目していきたいですね。

 



毎日配信!仮想通貨に関する優良情報をメールでお届け!!

仮想通貨ニュース.com編集部が、ニュースの一歩先を行く独自情報を毎日配信!

将来性の高い仮想通貨やトークン価格上昇の仕組みなど内容は様々。

特に億り人を目指す仮想通貨投資家やブロックチェーン技術をもっと詳しく知りたい方におすすめです。

下のフォームから無料登録することができます!

ニックネーム  *
メールアドレス  *
お名前  *
メールアドレス  *


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  

   

関連記事