ZRX価格30%高騰!次に上場するコインはどれか

最近ホットな話題になっている「分散型取引所」のプロトコールを開発する0xプロジェクト。

そんな同プロジェクトが発行した仮想通貨「ZRX」が、米最大取引所コインベースへ正式に上場し、価格が30%高騰した。

コインベースへの上場は、同仮想通貨が「有価証券」の対象にならない可能性が高いことを意味し、これはトークンの流動性に影響を及ぼすと見られている。

規制面から見てもOK!?高まるZRXへの期待

前述のように、ZRXのコインベースへの上場は、米規制当局がそれに「ゴー・サイン」を出したと捉えることができ、他の取引所がZRXの上場を前向きに検討できるようになることを意味する

それというのも、かねてより規制当局に協力的な姿勢を保つコインベースが、SEC(米国証券取引委員会)の判断基準で「未登録の有価証券」と見なされるようなトークンを上場させるとは考えにくい。

今年7月に、ADA、XLM、BAT、ZEC、ZRXを規制当局と相談したうえで上場させることを示唆していたコインベースだが、公式発表で、

「これらの資産には調査が必要なため、トークン上場は保証されない」

と説明していた。

その発表から3ヵ月の時を経てようやく5つの仮想通貨の内1つが上場したことからも、コインベースの上場審査プロセスの慎重さがうかがえる。

そんな規制に厳格に準じたアプローチを取るコインベースが選出したZRXトークンは、規制当局から「非有価証券対象」として承認を得たという見解が持てる、と多くの専門家は見ているようだ。

規制当局がこのような判断を下すトークンを取引所が扱う場合、SECへの登録を行う必要がなく、証券取引法違反の心配がない。

そのため、多くの取引所が揃ってそれを上場させる傾向にあり、結果的に流動性が向上し、トークン価格も上昇すると一般的に言われている。

実際にも、上場がアナウンスされた当日、ZRX価格は30%以上上昇した。

また、コインベースが上場審査をしている、ZRXと同じくイーサリアムで発行された別のトークン「BAT」の価格は、直近24時間で10%程上昇した。

今回のZRXの価格高騰を受け、次にコインベースへ上場する仮想通貨はどれになるかという憶測が憶測を呼んでいる。

原典:0x Surges 30% after Coinbase Listing, Which Crypto is Next?

ここまでの内容と考察

ZRXがコインベースへ正式に上場し、価格が30%以上上昇したという、今回のニュース。

もともと将来性の高いプロジェクトとして投資家の間では有名だった0xプロジェクトの仮想通貨ということもあり、ソーシャルメディア上では歓喜の声で溢れていますね。

また、コインベースのお墨付きを貰ったZRXは、今後も続々と他の取引所への上場が続くかもしれません。

ZRXは、サービスを使用するためトークン、すなわち「ユーティリティトークン」として分類されていますが、今回の発表により、イーサリアムやライトコインのような主要仮想通貨と同じ土俵に立てるかもしれませんね。

ちなみにですが、仮想通貨に肯定的な弁護士として知られているJake Chervinsky (ジェイク・チャービンスキー)氏は以下のようにツイートしています。

「コインベースの決断は、ZRXが有価証券ではないという確信を意味する」

「コインベースは、規制当局および民事訴訟の観点から、リスクを取るようなことはしないだろう」

最近では、セキュリティートークンのプロトコールにも着手している0xプロジェクトですが、今回のコインベース上場はプロジェクトへどのような影響をもたらすのでしょうか?

日本の取引所でも米国の後を追ってZRX上場させるような動きが見られるのでしょうか?

今後も取引所の上場プロセスやその判断基準について注目していきましょう!

 



毎日配信!仮想通貨に関する優良情報をメールでお届け!!

仮想通貨ニュース.com編集部が、ニュースの一歩先を行く独自情報を毎日配信!

将来性の高い仮想通貨やトークン価格上昇の仕組みなど内容は様々。

特に億り人を目指す仮想通貨投資家やブロックチェーン技術をもっと詳しく知りたい方におすすめです。

下のフォームから無料登録することができます!

ニックネーム  *
メールアドレス  *
お名前  *
メールアドレス  *


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  

   

関連記事