ステラが韓国の取引所との提携を発表、50%価格が急騰

仮想通貨ステラ(Stellar)の仕組みと特徴

韓国の取引所GOPAXと提携を結んだというニュースが発表され、時価総額ランキング第11位の仮想通貨ステラ(XLM)の価格が50%急騰した。

ステラ開発者とGOPAXは、今回の発表で提携の詳細を明らかにしなかったにもかかわらず、投資家の期待感が上昇しステラ(XLM)の価格が上昇。

ステラ(XLM)を含む多くの仮想通貨がまだ知られていないからである。

ただ、今回の提携は、GOPAXへの上場というありふれた発表である可能性があるため、あまり期待をしすぎないほうが良いかもしれない。

ステラは、すでにIBMとの提携を発表しており、IBMが提供する国際決済システムに使用されることが決定しているため、価格が急騰していた。ステラ(XLM)の価格は一日で53%上昇し現在0.16ドル(約17.6円)。

12月8日(金)に、ステラ開発者とGOPAXの合同会合で提携についての詳細が明らかになると考えられている。

さらに、12月9日(土)、韓国で2番目に大きい仮想通貨取引所Coinoneと共同ミーティングを開催する予定。会合は「ステラの未来へのロードマップ」という議題で開催されることとなっている。

投資家たちはすでにCoinoneがトレードペアを追加し、ステラが韓国市場で取引可能になることを期待している。

原典:「https://www.cryptocoinsnews.com/stellar-price-soars-50-on-news-of-korean-partnership/」

ここまでの内容と考察

ここ最近ステラ(XLM)の価格が高騰し、2週間ほどで4倍になっています。

韓国取引所との提携が発表ということは、GOPAX取引通貨ペアが追加されることになるのは間違いないでしょう。

また、12月8日に韓国でも最大級の仮想通貨取引所Coinoneとの会合があるということで、Coinoneでの取引開始も期待されます。

国際送金システムを構築するステラは、リップルの個人版という位置づけです。(リップルは企業間の国際送金システムを構築)

ニーズは非常に大きく、実生活に使用される可能性も高いと言われています。ステラの時価総額がリップルと同じくらいまでは上昇することも考えられます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

LINE

facebook

ページ上部へ戻る