John McAfee氏が仮想通貨と連動した独自の法定通貨「MRU」を発行?

John McAfee氏が仮想通貨と連動した独自の法定通貨「MRU」を発行?

29日にビジネスマンでもあり仮想通貨投資家でもあるJohn McAfee(ジョン・マカフィー)氏は、仮想通貨に裏付けされた独自の法定通貨「McAfee Redemption Unit(MRU)」を6月25日に発行すると自身のTwitterで発表した。

McAfee自身の写真が記載された紙幣をTwitterで公開しており、多くのコメントやいいねが寄せられているという。

これを受けてインドの地方メディア「Crypto News India」はこのMcAfee氏の「偽ドル札」について報道をしたが、すかさずMcAfee氏は

「自分のTweetで発表したことは単なるデマではない。本当にこの通貨を発行しようと考えている」

と述べていた。さらにMcAfee氏は、

「“MRU”と“McAfee Promissory Note(MPN)”という証書はブロックチェーンと繋がっていて、トークンに応じて最大で100分間の償還を得ることができる。

その100分の償還を使えば、私が世界のどこにいても私的な話をすることができるのだ。」

とコメントした。

ちなみにこのMPNの所有者が償還を得る場合、午後1時~3時の間にメキシコの特定の住所に行かなければならず、そこでMcAfee氏との面談時間や場所が得られるという。

「私の信者は非常に忠実だ。私と私的な時間を過ごすことの価値とそれを得るための費用を知っている。

つまり、MPNの価値はそれに伴って急上昇していくはずだし、世界中のどこでも可能だという点は大きい。」

MPN所有者は必ずMcAfee氏との時間を償還しなければならないわけではなく、それをトークンに変換したい場合はMRU財団に送付することでトークンに変換してもらえる。

現在MRUは9.95ドル(約1,081円)の価値があるとされており、34万枚ものMcAfeeドルが既に刷られているという。

原典:「John McAfee Announces Crypto-Backed ‘Fiat’ Currency Redeemable for Face Time With Him

ここまでの内容と考察

仮想通貨市場にも大きな影響を持つJohn McAfee氏。

そんな彼が今回独自の法定通貨を発行するとして大きな波紋を呼んでいます。

さらに特徴としてMcAfee氏と私的な時間を過ごせるといい、それについても自信を持っているようですね。

トークンとしての価値や実際の使い道が今後どうなっていうのかに注目が集まりますが、発行は6月25日だそうですのでチェックしておきたいですね。
 


毎日配信!仮想通貨に関する優良情報をメールでお届け!!

当無料コラムでは様々な独自情報を配信しており、価格の上昇が期待できるコインの情報も配信しています。

過去に配信したOmiseGOPOLYMATHDatecoinといったICOやコインは、高い確率で価格が上昇しています!

ちなみにOmiseGOに至っては、なんと最高値で42倍まで上昇しました。

仮想通貨ニュース.comで配信する無料コラムでは、編集部が様々なネットワークから得るマル秘情報を配信しておりますので是非ご登録してみてはいかがでしょうか?

お名前  *
メールアドレス  *
お名前  *
メールアドレス  *

【※6月限定※】
今登録すると、今後値上がりが期待できるコインの情報を専門家の解説付きで2つご案内!!



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  

   

関連記事

10倍以上の高騰が見込める仮想通貨を配信仮想通貨を配信