悲願達成!Gackt氏プロデュースの仮想通貨が5ヶ国で上場

悲願達成!Gackt氏プロデュースの仮想通貨が5ヶ国で上場

日本が誇るスーパースターが、仮想通貨市場という大舞台で新たな偉業を成し遂げた。

昨日、国内大物アーティストのGackt(ガクト)氏が、自身のブログを更新し、これまで携わってきた仮想通貨「Spindle(スピンドル)」に関する記事を執筆した。

引用:「GACKT Official Blog

同記事内においてGackt氏は、昨年からコアメンバーとして活動中の仮想通貨Spindleが、この度晴れて5ヶ国で上場した事を報告。

Gackt氏は、これまで支援してくれた人々に対して深く感謝すると同時に、参画表明当初に受けたバッシングの数々を一笑に付した。

特に記憶に新しいところでは、昨年末Gackt氏がSpindleプロジェクトに正式加入を果たした際、前述の通り世間では非難の嵐が巻き起こった。

投資家からは辛辣な声が多くあがり、中には誹謗中傷だけを目的とするようなコメントも多く存在し、市場全体が騒然とする時期が続いた。

そんな中でも文字通り「前向き」な姿勢を維持したGackt氏の手腕が優れていたからこそ、今回の上場があったといっても過言ではないだろう。

今回の嬉しいニュースに、当のGackt氏は、

「まずこれまでお世話になった方々、支えてくれた人々に深く感謝を申し上げたい。

スタート時は賞賛よりもバッシングの方が多かった気もするが、それも今考えてみれば、全て笑ってしまうほどの低レベルな話だ。現在は全く気にしていない。

むしろ、その当時非難ばかりを繰り返した詐欺師のような連中には、皆さんくれぐれも気をつけてほしいと願っている。」

と、ウイットも交えた独特の言い回しでコメントを締めくくった。

今後Spindleは、年内中に計12ヶ国で上場する事を予定しているという。

今後ますます勢いをつける同通貨は、果たして仮想通貨市場を席巻する通貨となりうるのか。

Spindleの今後と、加速し続ける仮想通貨業界全体の動向に、世間の注目が集まる。

ここまでの内容と考察

今や知らない人はいないほどの知名度と人気を誇る、大物アーティストのGackt氏が参画する仮想通貨Spindleが、ついに5ヶ国で上場を果たしました。

これまで紆余曲折あり、時には心無い声も多く聞こえてきた中で、逆境を跳ね除けながら突き進んできたGackt氏の姿は、まさに流石の一言です。

彼の本気度、想いの強さが伝わってくるSpindleは、これから更なる成長を遂げていく事でしょう。

今後のSpindle、ひいてはGackt氏の一挙手一投足に、より注目していきましょう!
 


毎日配信!仮想通貨に関する優良情報をメールでお届け!!

当無料コラムでは様々な独自情報を配信しており、価格の上昇が期待できるコインの情報も配信しています。

過去に配信したOmiseGOPOLYMATHといったICOやコインは、高い確率で価格が上昇しています!

ちなみにOmiseGOに至っては、なんと最高値で42倍まで上昇しました。

仮想通貨ニュース.comで配信する無料コラムでは、編集部が様々なネットワークから得るマル秘情報を配信しておりますので是非ご登録してみてはいかがでしょうか?

お名前  *
メールアドレス  *
お名前  *
メールアドレス  *


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  

   

関連記事