CMEグループの先物上場が12月10日決定!今年中にビットコインの価格は1万ドルに?

世界最大の証券取引所CMEグループがビットコインの取り扱いを発表

世界最大の先物取引所CMEグループは、12月10日にビットコイン先物を上場させることを発表した。

ビットコインアナリストであるマックス・カイザー氏とヘッジファンド投資家マイク・ノボグラッツ氏などのアナリストの多くは、CMEグループのビットコイン先物取引を開始する12月10日に、ビットコイン価格が1万ドル(約110万円)を上回るという予想をしている。

12月28日までに価格が1万ドルになる?

今週、アメリカの先物取引委員会(CFTC)が承認した「LedgerX」という先物取引所は、オプション取引商品を発表した。

オプション取引商品とは、

1.将来の予め定められた期日に
2.特定の商品(原資産)を
3.現時点で取り決めた価格で売買する「権利」

のことを言う。

今回のビットコインオプション商品を購入することで、「ビットコインの価格が、12月28日までに、1万ドル(約110万円)で売却できる権利」を手に入れることができる。

つまり、ビットコインが12月28日にビットコインの価格が1万ドル(約110万円)に達していれば利益を得ることができるということになる。

LedgerXやCMEグループ、CBOEが運営する先物およびオプション取引所は、ビットコインに直接投資することが認められていない公認機関投資家のみが利用できるため、個人投資家には直接的には関係がないが、ビットコイン需要が急増することで価格が上昇する。

LedgerXのCEOであるポール・チョウは、「950億ドルを運用するヘッジファンド、マングループを中心といて世界最大のヘッジファンドの一部が、ビットコイン先物取引の開始を発表していることから、ビットコインの将来に極めて強い自信を持っています。 」と述べている。

このように急速に成長するビットコイン市場で、巨額の資産を持つ機関投資家の需要が急増。ビットコイン取引所やビットコインウォレットサービスを提供するCoinbaseなどの企業は、機関投資家向けのビットコイン保管サービスを提供し始めている。

今後

ビットコインの価格は最高値を更新し続けており、現在8,200ドル。大規模なヘッジファンドと機関投資家が、計画どおり12月10日からビットコインへの投資を開始すれば、ビットコインの価格は1万ドル(約110万円)に達するだろう。

先物上場に伴いビットコイン市場に機関投資家からの資金が数十億ドル流入することになる。仮想通貨市場は引きずられるように価格が上昇していくだろう。

原典:「https://www.cryptocoinsnews.com/with-cmes-december-10-exchange-launch-can-bitcoin-price-hit-10000-by-2017/」



ここまでの内容と考察

世界最大の先物、オプション取引所CMEグループにおけるビットコイン先物が上場の日程が12月10日に決まり、そこに向けてビットコインの価格も上昇していますね。

12月28日までにビットコイン価格が1万ドル(約110万円)に達していれば、利益を得ることができるオプション商品が出るということですが、年末までにビットコイン価格が1万ドル(約110万円)に達する可能性は高いでしょう。

ビットコインの価格操作とは言えませんが、ビットコインを普及させていきたいマイナーやビットコイン資産家たちは、世界で初めての先物、オプション商品を成功に導きたいと考えていると思います。

ですので、ビットコインの価格が下落しそうになれば、彼らはビットコイン価格を上昇させるように資金を投入してくるでしょう。

現在、ビットコインの価格は約8,200ドル。1万ドル(約110万円)まで上昇するとしたら、あと1ヶ月で20%ほどの上昇が見込めますね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

LINE

facebook

ページ上部へ戻る