韓国大手取引所Bithumbが33億円のハッキング被害を報告

疑念払拭!韓国取引所Bithumbが不正調査の結果を公表

急拡大を遂げる仮想通貨取引所で、まさかのアクシデントが勃発した。

韓国の仮想通貨市場をけん引する存在である、大手仮想通貨取引所「Bithumb(ビッサム)」。

近年成長度合いが著しい同取引所が、この度なんと約33億円分の通貨をハッキングされたという緊急事態について、Twitter上で公表した。

それによれば同取引所は、今回の大問題に際し、一時的に全ての出入金を中断する事を決断。

盗まれた33億円相当の仮想通貨はすべてBithumb側が補償するといい、残りの金融資産は全てコールドウォレットに移行している最中であるという。

ちなみに同取引所では、6月16日頃から大量のイーサリアムがハッキングされ引き出されているのではないか、という噂がネット上で出回っていた。

その主な原因として、16日にBithumbが公式にサーバーメンテナンスを行い、長時間同取引所の利用が不可能となった事があったのだ。

そこから感づいたユーザー達が上記の噂を焚き付け、一気に市場で悪い評が出回り始めたというわけだ。

その上で、今回のハッキングが実際に行われたのは19日夜であると見られており、以下の画像と共に噂が広まってから間もなくの出来事であった。

今後Bithumbは順次仮想通貨の補償を行っていくと共に、事件の真相究明に努める方針だ。

不安が募る仮想通貨市場で、果たしてBithumbは今後どのようなアプローチで、信用獲得に向けて再始動していくのだろうか。

同取引所の対応、ひいては今回の事態が市場全体に及ぼす影響力等に、注目が集まりそうだ。

原典:「韓国大手取引所ビッサム、ハッキングで33億円分の仮想通貨盗難被害、16日から流出の噂も

ここまでの内容と考察

世界最大級の規模を誇る中国発の仮想通貨取引所「Bithumb」が、約33億円分の仮想通貨をハッキングされたという、今回のニュース。

日本でも例のコインチェックをはじめとして、様々な場所でハッキングは報告されていますが、わかっていても未だ被害を0にとどめることができないのが、とても歯がゆいところですよね。

今後技術発展が図られる中で、こうしたセキュリティ面を十分に高め、安心して仮想通貨取引が行える日が1日でも早くやってくる事を、心から願うばかりです。

今後のBithumbの改善や、その後のアプローチ等に、より注目していきましょう!

 


毎日配信!仮想通貨に関する優良情報をメールでお届け!!

当無料コラムでは様々な独自情報を配信しており、価格の上昇が期待できるコインの情報も配信しています。

過去に配信したOmiseGOPOLYMATHといったICOやコインは、高い確率で価格が上昇しています!

ちなみにOmiseGOに至っては、なんと最高値で42倍まで上昇しました。

仮想通貨ニュース.comで配信する無料コラムでは、編集部が様々なネットワークから得るマル秘情報を配信しておりますので是非ご登録してみてはいかがでしょうか?

お名前  *
メールアドレス  *
お名前  *
メールアドレス  *


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  

   

関連記事