世界最大の証券取引所CMEグループがビットコインの取り扱いを発表

世界最大の証券取引所CMEグループがビットコインの取り扱いを発表

世界最大の先物取引所であるシカゴ・マーカンタイル取引所を運営する米CMEグループは10月31日、2017年12月までにビットコイン先物の取り扱いを開始することを発表した

CMEグループの最高経営責任者(CEO)であるテリー・ダフィー氏は「仮想通貨市場が成長するにつれて、投資家のビットコインへの関心が高まっているため、ビットコイン先物を取扱うことを決めた。」と発表。さらに「CMEグループは、投資家に対してビットコインの透明性、リスク分散機能を提供する。」と説明した。

CMEのビットコイン先物取り扱い発表に先行して、シカゴ・オプション取引所を運営するCBOEホールディングスが年内にビットコインの上場を予定していることを発表している。CMEグループとCBOEホールディングスの両社がビットコイン先物の取引を開始すれば、ビットコイン市場は大いに盛り上がりそうだ。

ビットコインが証券取引所に上場することで、マネーロンダリングや顧客確認(KYC)の規制に違反してしまうリスクをとることなくトレードをすることができる。これにより、専業トレーダーや機関投資家がビットコイン市場に参入しやすくなると言われている。

大きな資産を持つ投資家がビットコインの持つボラティリティを利用することができるようになり、ビットコイン市場のさらなる盛り上がりが予想される。

また、ビットコイン先物の上場には規制当局の許可が必要になるが、もしCMEの申請を許可したとすると、世界最大の先物市場にビットコインが上場することになる。これによって、ビットコイン上場投資信託(ETF)の開始に向けて道が開かれる。

今年初めに、証券取引委員会(SEC)は、ビットコイン先物が上場取引委員会に承認されるまで、ビットコインETFの申請書を審査することができないと述べているが、これによりビットコインETFの承認審査が開始することになる。

「ビットコイン先物が上場すると、ビットコインETFが承認される可能性が高い。」

とベテランのトレーダーであるドン・ウィルソン氏は語っている。

CMEグループのビットコイン先物の取り扱い発表後、ビットコイン価格が急騰し、6,400ドルを超え最高値を更新した。

ここまでの内容と考察

ビットコイン先物が世界最大の証券取引所で上場することで、遂にビットコインETFの承認が下りる可能性が出てきましたね

ETFとは上場投資信託のことで、証券会社を通してビットコインを購入することができるようになります。これにより、マネーロンダリングや個人情報確認の規制にかかるリスクが軽減されるため専業トレーダーや機関投資家はビットコイン市場に参入しやすくなると言われています。

ビットコインETFは、ウィンクルボス兄弟が申請を何度も行っており、1年前から市場から期待されている一つの大きなイベント。ビットコイン先物が上場したことで「ビットコインETFに関する審査は、ビットコイン先物が証券取引所に上場しなければできない」と言っていた当局も、重い腰を上げるのではないでしょうか。

2018年にビットコインETFが承認される可能性が大いに高まってきました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

LINE

facebook

ページ上部へ戻る