ビットコインキャッシュも使用可能に!アメリカATMで導入開始

ビットコインキャッシュも使用可能に!アメリカATMで導入開始

アメリカ国内で、さらに仮想通貨を使用する機会が広がった!

先日、アメリカ大手仮想通貨業者であるAthena Bitcoin社が、同社のATM上で新たにビットコインキャッシュの取り扱いを開始する事を発表したのだ。

ビットコインキャッシュのATM環境

アメリカ大手仮想通貨業者のAthena bitcoin(アセナ・ビットコイン)社はこの度、同社のATM上で新たにビットコインキャッシュの取引を可能とした。これはビットコイン・ライトコインに続く3番目の使用可能通貨として、期待が寄せられている。

同社のATMでは、仮想通貨の販売・取引の両方を行う事が可能だ。また、利用者は仮想通貨を売買するだけでなく、万一仮想通貨が使えないシーンに遭遇した際に、現金を引き出す事もできる。

Athena Bitcoin社は今回の大発表にあわせて、

「ビットコインキャッシュは完全な独自性を持つ仮想通貨として、利用価値が高い。このユニークな仮想通貨を実際に使用可能にする事こそ、今まさに我々に求められている事なのではないか。」

という力強いコメントを寄せている。実際に彼らの開発チームは、ATMのみならずウォレット上でもビットコインキャッシュを利用可能とすべく奮闘中だ。

アメリカ全土に展開

実際のATMは現在、アメリカ国内8つの州とメキシコを合わせて、全部で55台存在している。ガソリンスタンド・飲食店・小売店など、様々な場所での有効活用が期待されている。

これらのATMの最大の特徴は、従来のATMのように口座やカードを持たずとも仮想通貨を売買する事ができる点にある。しかも利用者はスマートフォン上のウォレットを使用する事で、約90秒以内での即時決済が出来るようになっている。

今後さらなるサービス改善を図りながら、業務拡大が望まれている。

atm-map

原典:「American ATM Network Athena Bitcoin Adds Bitcoin Cash Support

ここまでの内容と考察

最近世界的にも話題となっている、仮想通貨のATM。日本ではまだ実現していませんが、アメリカを始めとする諸外国では既に導入が始まっています。

そんな中で、今回は新たにビットコインキャッシュがアメリカの大手ATMで使用可能になったとの事。

徐々にではありますが、確実に仮想通貨の使用用途が広がり、インフラが整ってきていると言えますね。

2018年に入り、アルトコインの実用性は非常に進化してきています。

ライトコインの「LitePay」ATMでのライトニングネットワーク実装

さらに今回のビットコインキャッシュなど、世界中で仮想通貨が本当の通貨のように扱われ始めています。

今後、日本でもさらに広がっていく事を期待したいですね!







  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  

   

関連記事

10倍以上の高騰が見込める仮想通貨を配信仮想通貨を配信