速報!業務改善命令がZaif(ザイフ)に通達!

本日金融庁が発表した仮想通貨交換所への行政処分。既に金融庁から認可を受けている取引所の中では「GMOコイン」とZaifを運営する「テックビューロ」が業務改善命令を受けた。

Zaifは会員に向けて業務改善命令の通達内容をメールで配信しており、しっかり対応していく旨を述べている。

Zaifに課された業務改善命令の内容は、主にシステム・顧客管理の体制や対応について。

特にZaifは先日エラーによってビットコインの価格が0円になっていました。他にもZaifのビットコイン価格だけ一時的に58万円にまで下落。

それによって大きな損失をしてしまったユーザーもいるそうで、Zaifはそちらの対応にも追われているという。

コインチェックの一件以来、崩れ去った仮想通貨取引所への信頼性。今回の業務改善命令でシステムやセキュリティ体制、顧客対応について改善されることに期待だ。

ここまでの内容と考察

本日、金融庁から一部の仮想通貨取扱い業者に対して業務改善命令が出されました。

既に認可を受けている取引所としては「GMOコイン」とZaifを運営する「テックビューロ」。

Zaifは早くもメールでユーザーに対応しておりますが、しっかり対応していくそうです。

Zaifは国内取引所の中でも唯一トークンの取り扱いもしていますし、COMSAでのトレードもできます。

そういった意味ではユニークな特徴や魅力もあるので、是非改善してほしいですね。


毎日配信!仮想通貨に関する優良情報をメールでお届け!!

当無料コラムでは様々な独自情報を配信しており、価格の上昇が期待できるコインの情報も配信しています。

過去に配信したOmiseGOPOLYMATHといったICOやコインは、高い確率で価格が上昇しています!

ちなみにOmiseGOに至っては、なんと最高値で42倍まで上昇しました。

仮想通貨ニュース.comで配信する無料コラムでは、編集部が様々なネットワークから得るマル秘情報を配信しておりますので是非ご登録してみてはいかがでしょうか?

お名前  *
メールアドレス  *
お名前  *
メールアドレス  *


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  

   

関連記事