仮想通貨の価格下落に伴い、関連企業の株式も急落

一時高騰を見せたビットコインやブロックチェーンなどを活用した会社の株式価格が低下した。

コーポレイトアメリカ株式会社では、ブロックチェーンと仮想通貨を投資家が共鳴する方法として考えている。

この戦略は仮想通貨の価格が低迷している間にブロックチェーンで利益を上げるというものだ。

一方ビットコインの価格は20%減少から最近わずかに上昇し16%まで回復した。その一方でリップルは3分の1減少した。

この価格の減少は中国でのビットコインとアルトコインの取引を広い範囲で規制するといった厳しい仮想通貨規制によるもので、それは高度に規制された仮想通貨市場を脅かす。

前回規制の前からブロックチェーンを使用していた米国会社の株式は現在苦しんでおり、さらにビットコインの投資家が上場投資信託不足を埋めるために使用したアメリカのビットコイン投資信託(GBTC)は10%低下した。

2018年の投資額は2,261ドル(約24万円)から1,780ドル(約19万円)まで20%減少した。

ビットコインの価格が12月に数日間連続して低下した時に、アメリカの大手情報サイトのブルームバーグは洗練されたトレーダーはGBTCの純資産とビットコインの価格の差を狭めることで利益を得ることができると指摘した。

仮想通貨取引所TZEROの創設者であるPatrick Byrne が運営するビットコインの支払い形態とするOverstock.comは5%を下がりました。

OverstockとByrneはビットコインとブロックチェーンのシステムを取り入れてそれらの株式は4倍近く上昇。

仮想通貨投資家はビットコインの価格が12月に下がったときと同じチャートを予想して再び高騰すると思わないとビットコインは低下する。

市場のお祭り騒ぎは終わった

新しく仮想通貨市場に参入しようとしたKodak社の株式の価格が急落している。

Kodakは最近ICOをして独自の仮想通貨を発行すると発表。

これにより株価は約200%上昇したのだが、実際にはKodakはICO開始行っておらず、印刷物に報酬を与えるためのブロックチェーンベースのプラットフォームをまだ開発していないため株価は8%近く下落している。

ここまでの内容と考察

ここ数日仮想通貨市場が大きく低下して世界中の投資家は混乱しています。日本でもテレビのCMや町で宣伝の車が走るなど近年注目が集まっている中で最近始めた人でいきなり価格が下落して損をしてしまった人が多く出ました。

それには上記の記事であった中国の取引所の影響やビットコインの下落に伴い仮想通貨投資家がこぞって売りに出したことが考えられます。

現在は仮想通貨の市場は低迷していますが、通貨によっては上場企業と提携をしている通貨もありこれから発展が予想されています。

ですので投機目的での通貨購入もしっかりとその通貨がどのような役割を果たすのかを確認する必要があります


毎日配信!仮想通貨に関する優良情報をメールでお届け!!

当無料コラムでは様々な独自情報を配信しており、価格の上昇が期待できるコインの情報も配信しています。

過去に配信したOmiseGOPOLYMATHといったICOやコインは、高い確率で価格が上昇しています!

ちなみにOmiseGOに至っては、なんと最高値で42倍まで上昇しました。

仮想通貨ニュース.comで配信する無料コラムでは、編集部が様々なネットワークから得るマル秘情報を配信しておりますので是非ご登録してみてはいかがでしょうか?

お名前  *
メールアドレス  *
お名前  *
メールアドレス  *


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  

   

関連記事