ステラ躍進、1,000,000アカウント開設達成!

Stellar(ステラ)ネットワークが重要なマイルストーンを達成した。

1,000,000アカウント達成

これはOrbitLensが先週月曜日に投稿したツイートで明らかになった。

ステラ(ティッカー:XLM)はビットコイン、イーサリアム、またXRPなど人気の高い仮想通貨に匹敵するくらいの性能を備えていることで一般的な評価が高い仮想通貨。

イーサリアムのように、ICOを行うためのトークンを発行できる上、送金手数料はなんと0.00001XLM(約0.0002円)と遥かに割安だ。

さらに、XLMの送金時間は約4-5秒とXRPに匹敵すると言われている。


XLM送金手数料/時間
出典:Lightning on Stellar: Technical Spec and Roadmap

そんなステラの2018年は、一連のパートナーシップや取引所上場など多忙なスケジュールとなっている。

今年5月にBitfinex(ビットフィネックス)取引所がXLMと法定通貨のペアを追加。

また、IBM社は同月にステラネットワーク上で「環境にやさしい」仮想通貨を構築することを検討すると発表した。

さらに同社は、ステラネットワークを基盤に構築する米ドル建てのステーブルコイン「Stronghold(ストロングホールド)」の開発に着手したと表明している。

その二か月後、Coinbase(コインベース)は、同社の取引サービスにXLMを検討していることを明らかにした。

加えて、同月にステラはSharia(シャーリア)認可を取得するという偉大な成果を上げた。

これにより、ステラは中東および東南アジアのイスラム金融機関とのパートナーシップを締結することが可能となる。

現在は拡張性に関する技術的な問題に真っ向から挑んでいるステラ。

そんな快進撃を展開するプロジェクトに世界中から注目が集まる。

原典:A Million Accounts: Payments Blockchain Stellar Hits Milestone

ここまでの内容と考察

今年大躍進のステラのアカウント数が百万を超えたという今回のニュース。

IBM社のお墨付きをもらっているこの仮想通貨は、送金手数料が比較的高いイーサリアムの代わりとなるICOプラットフォームになることが期待されています。

また、現時点では仮想通貨プロジェクトで唯一のSharia認可を得ているステラは、イスラム諸国とのパートナシップを進めていくでしょう。

2018年はもうすぐ第四四半期を向かえますが、ステラプロジェクトはどのような活躍を見せてくれるでしょうか?

今後も目が離せませんね。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  

   

関連記事