国民の11%が保有?日本が仮想通貨保有率で世界一を記録

国民の11%が保有?日本が仮想通貨保有率で世界一を記録

我が国日本が、新たに世界一の記録を樹立する結果となったようだ。

先日、世界的なリサーチ会社が仮想通貨に関する調査を行い、その結果を公表した。

今回同社が行ったリサーチは、仮想通貨の市場規模が大きい計8カ国のユーザーを対象としており、それぞれに対し仮想通貨に関する様々なアンケートを行ったものだ。

その中で今回最も注目された結果で、「仮想通貨の保有率」を問うものがあり、そこで日本は約11%を記録し、見事に世界一の称号を得る事となったのである。

8カ国全体での保有率は約7%で、最低保有率を記録した中国では、約3%という結果を記録した。

またこの結果に相関する問いとして、仮想通貨に対する理解度・認知度を計測する質問も存在したが、ここでも日本は約70%を記録し、上位に躍り出た。

全体的に我が国が高いスコアを記録し、世界的に見て仮想通貨の取り入れが進んでいるのには、大きく分けて2つの理由があるとされる。

まず1つは、度々話題となっている、仮想通貨の規制状況だ。

例えば、先ほど最低の保有率を誇ると紹介した中国はまさしく、一国全体での仮想通貨規制が敷かれており、どうしても仮想通貨が一般に普及しにくい。

仮想通貨が流通する経路、環境整備を行わない事に、今後も保有率等の数値を伸ばす事は難しいと言えるだろう。

また2つ目の理由は、国民のリテラシー・教育水準の高低差にある。

つまり、国民が高い水準の教育を受けてきたか否かで、仮想通貨がどれだけ広範囲に普及するかどうかも決まるというわけだ。

幸い日本ではハイレベルな教育を享受する事ができるが故に、それに比例する形で仮想通貨の普及率も高いスコアを記録していたという流れだ。

今後ますます多くの変化が訪れるであろう仮想通貨市場において、果たして日本は旗振り役として世界を牽引する事はできるのだろうか。

それとも、他国の猛追を受け、王座を陥落してしまうのか。

不確定要素が多い仮想通貨市場がどのような変遷を見せるか、注目が集まる。

ここまでの内容と考察

我らが日本が、世界一の仮想通貨保有率を記録したという今回のニュース。

GDP等の指標で世界ランキング下落傾向の現状からすれば、再び日本が世界にアピールできるまたとないチャンスのように思えます。

仮想通貨先進国として、世界に負けない実績をこれから積んでいけるように、一国全体が継続成長できればと願うばかりです。

これからの日本、ひいては仮想通貨市場の前進に期待していきましょう!
 


毎日配信!仮想通貨に関する優良情報をメールでお届け!!

当無料コラムでは様々な独自情報を配信しており、価格の上昇が期待できるコインの情報も配信しています。

過去に配信したOmiseGOPOLYMATHといったICOやコインは、高い確率で価格が上昇しています!

ちなみにOmiseGOに至っては、なんと最高値で42倍まで上昇しました。

仮想通貨ニュース.comで配信する無料コラムでは、編集部が様々なネットワークから得るマル秘情報を配信しておりますので是非ご登録してみてはいかがでしょうか?

お名前  *
メールアドレス  *
お名前  *
メールアドレス  *


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  

   

関連記事