SBIと韓国Coinone子会社がリップルの送金システムに関する契約を発表

SBIと韓国Coinone子会社がRippleの送金システムでライセンス契約を発表!

早ければ夏ごろまでに仮想通貨交換業に参入すると発表しているSBIホールディングス。

そんなSBIホールディングスが韓国大手仮想通貨取引所「Coinone(コインワン)」の子会社との契約を結んだのだ。

Coinone子会社である「Coinon Transfer(コインワン・トランスファー)」社は9日、SBIホールディングスが持つ国際送金システム「xCurrent」のライセンス契約を発表した。

「xCurrent」とは、SBIホールディングス傘下のSBIリップルアジアによって開発された国際送金システム。

この「xCurrent」にはリップルのブロックチェーン技術が使われており、世界の様々な中央銀行も注目している。

そもそもCoinon Transfer社はブロックチェーンを活用した国際送金サービスを韓国で展開しており、今年の6月に「Cross」というサービスをリリースする予定だ。

この「Cross」とはブロックチェーンを活用して海外に送金できるようにするサービスで、今回ライセンス契約をした「xCurrent」をCrossに統合させることでリアルタイムの送金が可能になるという。

つまりCoinon Transfer社の「xCurrent」ライセンス契約の狙いは、Crossの利便性向上にある。

さらにリップル社によるとCrossを使うことで韓国から東南アジアにも送金ができるようになると答えており、東南アジアはリップルが最も注目している地域。

それだけに、リップル社からしてもメリットがあると言えるだろう。

ここでの内容と考察

今回のニュースのように、ブロックチェーンとブロックチェーンを掛け合わせることで、さらなるサービス向上につながることが分かりました。

SBIは、今回のCoinon Transfer社に限らず、仮想通貨取引所やブロックチェーン技術を持つ企業とのライセンス契約を普及させていくでしょう。

今後、ブロックチェーンがどのように進化していくか楽しみですね!
 







  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  

   

関連記事

10倍以上の高騰が見込める仮想通貨を配信仮想通貨を配信