驚愕の金額!ドイツ検察当局が、押収した仮想通貨15億円分を売却

驚愕の金額!ドイツ検察当局が、押収した仮想通貨15億円分を売却

欧州の主要国ドイツで、驚きの事態が発生した。

報道によれば、この度同国検察当局は、これまでに詐欺行為等で押収した「仮想通貨」のうち、約1,200万ユーロ(約15億円)分を売りに出したというのだ。

当局はこれまで(直近2ヶ月間)に、約1,600件にのぼる仮想通貨絡みでの犯罪行為を、刑事訴訟において押収してきた。

揃った通貨の銘柄は様々で、基軸のビットコインはもちろんの事、ビットコインキャッシュやイーサリアム等のアルトコインも押さえてきた経緯がある。

そんな中で今回、検察当局がそれらを売りに出した最大の理由は、仮想通貨の「価格変動性」の大きさによるものだ。

これはまさに文字通りで、差し押さえた仮想通貨を資産として留保しておいたところで、一般的な資産とは違い、相場の変動によってはクズ同然の価値になりかねない。

まだ市場全体が脆弱で、価格も安定しない仮想通貨に関しては、価値がなくならないうちに売却しようという当局の思惑が、一連の動向から見て取れる。

今回のドイツ検察当局のように、事件捜査で押収した資産を売却する流れは、日本ではあまり普及していないが、世界基準で見るとかなり一般的だ。

すでに世界一の大国アメリカでも、今回のドイツにおけるケース同様に、仮想通貨の売却が政府主導で行われている。

余った資産を有効活用し、流動性を高めながら財源を確保するやり方は、まさに的確で合理的な方策と言える。

今後、こうした政府主導のアクションが、市場にどのような影響を与えるのか。

ますます激しさを増す仮想通貨市場において、公的機関の出す答えの意味・価値が問われる時代に突入しそうだ。

原典:「German Prosecutors Sell Seized Crypto for Millions of Euro

ここまでの内容と考察

ヨーロッパを代表する大国ドイツの検察当局が、詐欺行為で押収した仮想通貨15億円分相当を売却したという今回のニュース。

日本ではなかなか考えられないような出来事ですが、冷静に考えれば個人も安く通貨を購入でき、また当局も財源確保に繋がるため、まさにwin-winの関係性が構築可能となっています。

犯罪行為は当然撲滅させるべきですが、有事の際はこうしたアプローチの仕方も参考になるかもしれませんね。

より良い形で仮想通貨が利用され、幅広く普及していく事を願ってやみません!
 


毎日配信!仮想通貨に関する優良情報をメールでお届け!!

当無料コラムでは様々な独自情報を配信しており、価格の上昇が期待できるコインの情報も配信しています。

過去に配信したOmiseGOPOLYMATHといったICOやコインは、高い確率で価格が上昇しています!

ちなみにOmiseGOに至っては、なんと最高値で42倍まで上昇しました。

仮想通貨ニュース.comで配信する無料コラムでは、編集部が様々なネットワークから得るマル秘情報を配信しておりますので是非ご登録してみてはいかがでしょうか?

お名前  *
メールアドレス  *
お名前  *
メールアドレス  *


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  

   

関連記事