速報!仮想通貨取引所コインチェックをマネックスが買収へ

速報!仮想通貨取引所コインチェックをマネックスが買収へ

世間を騒がせ続けた仮想通貨取引所が、ついに買収される時が来た。

580億円相当の仮想通貨NEMを流失させ、世間の注目を集めたCoincheck(コインチェック)社が、大手証券会社マネックスグループに買収されるというニュースが舞い込んできた。

コインチェック社は一連の騒動を沈下させる際に、マネックスグループから多額の追加出資を受けていたと見られ、その関係もあり今回の買収劇に繋がったと考えられている。

今回の買収にかかる総額は、数十億円ほどにのぼる見込みだ。

コインチェック社は1月末の騒動から約2か月が経った先日、独自で会見を開き、報道陣の前で経営管理体制の抜本的な見直しを図る旨を伝えていた。

今回の買収劇はまさに、その時の言葉通りのシナリオであり、経営陣を刷新する大きな機会となりそうだ。

具体的には、同社の和田社長と大塚取締役を経営陣から外し、マネックスグループから新たな経営者を派遣する予定となっているという。

かねてよりマネックスグループは仮想通貨事業への参入を試みており、実際にメディアを通してその方針を示す機会も多かった。

一方でますます規制が厳しくなる仮想通貨業界に今から新規参入しようとすれば、管轄している金融庁から細かいチェックを受けさせられ、本格参入が遅くなってしまう。

そこで今回、コインチェックの経営陣をマネックスグループの人間と入れ替え、経営の再建が図れれば、金融庁からの認可も下りやすいと考えたのだ。

その意味では、今回の買収は双方にとって都合が良いものである可能性が高い。

今後、マネックスグループはコインチェックを使ってどのように事業展開していくのだろうか。

まず直近は、金融庁の検査をパスする事であるが、本当にそれも可能となるのか、再び世間の注目が集まるところだ。

ここまでの内容と考察

当サイトでも何度も繰り返しお伝えし、今や仮想通貨業界を知る人でその名前を知らない人はいないであろうコインチェック社。

580億円のNEMを流失させ、経営管理体制の抜本的改革を約束していた彼らが、ついにマネックスグループに買収される運びとなりました。

マネックスグループと言えば、大手証券会社として、これまた名前を知らない人がほとんどいないような金融企業です。

マネックス側の思惑は様々存在するでしょうが、一利用者としては、とにかく早くコインチェックの再建を図ってほしいところです。

マネックスが持つ資本と資産が、今後の仮想通貨業界全体に大きな影響を与えてくれる事を信じて待ちましょう!



毎日配信!仮想通貨に関する優良情報をメールでお届け!!

仮想通貨ニュース.com編集部が、ニュースの一歩先を行く独自情報を毎日配信!

将来性の高い仮想通貨やトークン価格上昇の仕組みなど内容は様々。

特に億り人を目指す仮想通貨投資家やブロックチェーン技術をもっと詳しく知りたい方におすすめです。

下のフォームから無料登録することができます!

ニックネーム  *
メールアドレス  *
お名前  *
メールアドレス  *


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  

   

関連記事